天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

スギ雄花に含まれる放射性セシウムの濃度調査 中間報告を公表

 林野庁は、平成23年12月27日、スギ雄花に含まれる放射性セシウムの濃度調査の中間報告を取りまとめ、公表した。

【被曝EE】 【放射能汚染EEF】 【食品汚染EEFA】



>> 続きを読む

| ニュース | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

筋肉のセシウム蓄積は血液の数十倍 警戒区域の牛を調査

 東京電力福島第一原発から半径20キロ圏内の警戒区域にいた牛の筋肉に蓄積した放射性セシウムの量は、血液中の放射性セシウム量の20~30倍という相関関係が見られることが、東北大や大阪医科大、山形大、新潟大などの調査でわかった。血液から体内の放射性物質の量を推定するなど、人に応用できる可能性があるという。

 調査したのは東北大加齢医学研究所の福本学教授(病理学)らのグループ。警戒区域で野生化した家畜の殺処分が進められているが、8月下旬から11月半ばにかけて殺処分された牛のうち、47頭を所有者の同意のうえで解剖し、筋肉や内臓、血液に含まれる放射性物質を調べた。

 その結果、血液から1キロあたり60ベクレルが検出された牛のももから1800ベクレルが測定されるなど、筋肉から血液の20~30倍の放射性セシウムを検出。肝臓などの臓器は10倍ほどで筋肉より低く、セシウムが蓄積すると見られていた甲状腺ではほとんど測定されなかった。
http://www.asahi.com/national/update/1125/TKY201111250281.html

【被曝EE】 【放射能汚染EEF】【食品汚染EEFA】


>> 続きを読む

| ニュース | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東電に勤務している知人の話では、先日、ピーク時供給力に対して、実績使用量が95%を超え、今晩は必死で揚水をしなければ、というようなことを言っていた。

2011年12月28日 (水)
http://mugentoyugen.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-c5a0.html
石油と石炭と天然ガス/「同じ」と「違う」(38)
フクシマ原発事故等によりこの冬の電力需給もかなり逼迫する見通しだという。
東電に勤務している知人の話では、先日、ピーク時供給力に対して、実績使用量が95%を超え、今晩は必死で揚水をしなければ、というようなことを言っていた。
揚水とは、揚水発電のために、下部貯水池(下池)から上部貯水池(上池ダム)へ水を汲み上げることである。
夜間などの電力需要の少ない時間帯の余剰電力を利用する。電力需要が大きくなる時間帯に、上池ダムから下池へ水を導き落とすことで発電する。
冬場の使用量のピークは夏場と異なり、17時から19時頃の時間帯だという。

【電力不足詐欺GGH】
【揚水発電GGI】


揚水発電を活用すれば、計画停電も大停電も心配はいりません。

実際に、夜間に火力発電の電力によって、揚水しているようです。
夜間に揚水して、昼間に発電すると、約3割のエネルギーが損失として失われます。
電力会社にとっては、これは痛手です。この部分だけ見れば、赤字でしょう。

ですから、揚水発電は、一番最後に動かします。どうしても足りない時に動かします。
電力の運用は、経済性が重要ですから。
この事から、2つのことが推測できます。

1)揚水発電所の稼働率が最も確かな電力受給の目安になる。
中部電力は、今夏、揚水発電の稼働率が平年並みより低かったそうです。こうなりますと、つまり、揚水発電の出番が少なかったわけですから、電力受給は逼迫していなかったとかなりの確度で推定できる。
揚水発電所の稼働率の毎時などの細かいデータがあれば、はっきりするでしょう。

2)電力会社にとって、揚水発電を使うと損をするので、使いたくない。電力使用率の計算外とし、電力使用率が危機的な状況にある素振りを見せ、国民に節電を促す。揚水発電を使わないで済むぐらいに節電してもらえればちょうどいい。(私の推測)

3)その証拠に、電力が逼迫する可能性のあるピーク時の節電が重要なのに、いつがピークになると予想されているのかの告知宣伝をしていない。つまり、ピークはしのげる。全体的に節電してもらって、揚水発電をなるべく使わないで済むようにしたいだけ。節電は、電力会社の燃料節約のため。


| ニュース | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

◎原油先物市場が反応しないのは「石油の時代」の終わりを意味する?

◎原油輸送の大動脈ホルムズ海峡閉鎖の恫喝
 その心配を増幅させるかのように、イラン海軍は24日から10日間の予定でホルムズ海峡での軍事演習を開始した。さらに危機を煽るかのように、27日、イランの第1副大統領のラヒミが「原油輸出に制裁が科された場合、ホルムズ海峡を閉鎖する」と警告した。イランの一部軍高官が、ホルムズ海峡を閉鎖するのは、コップの水を飲み干すよりたやすいとも豪語していると伝えられてもいる。
 ホルムズ海峡に焦点が当たるのは、日本をはじめ、中国、インド、韓国、ASEAN、一部ヨーロッパ諸国は、この狭い海峡を通じて、タンカーに船積みされたサウジアラビアなど湾岸諸国産の原油を輸入しているからだ。この大動脈のホルムズ海峡が閉鎖されたら、世界は第3次オイルショックのパニックに陥ると一部に深刻に懸念されているのだ。
 また、シリア・アサド独裁政権の反体制デモ弾圧に対する国際的制裁の影響で、シリア産原油の輸出量が3割程度減少したとも伝えられた。

◎原油先物市場が反応しないのは「石油の時代」の終わりを意味する?
 ところが、ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物市場が反応したのは、その27日だけ。1バレル=100ドルを超えたが、翌日にはまた反落し、100ドルを割り、元の90ドル台後半に戻った。
 なぜ原油先物市場が反応しないのか?
http://plaza.rakuten.co.jp/libpubli2/diary/201112300000/

【天然ガスGGJ】【政治GGJK】




| ニュース | 10:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本にも天然ガスありました!

天然ガス調査 中間報告
放送日:2011/12/28 水曜日 東京 (標準時)


先に宮古全域で行なわれた天然ガスの調査についての中間報告が、おととい行なわれ、宮古には有功活用できる天然ガスがあることが示されました。
http://media.miyako-ma.jp/mtv/content/view/7105/57/




>> 続きを読む

| ニュース | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

キプロス 天然ガスの大量の埋蔵を発見

 キプロスは地中海における自国の排他的経済水域で、大量の天然ガスが埋蔵されていることを発見した。28日、ジミトリス・フリストフィアス大統領が発表した。米国のノーブル・エナジーが作業を進めている区域には、1400億から2250億立方メートルのガスが埋蔵されているという。
 その埋蔵量はそれ自体で大きなものだが、キプロスという小さな島国にとっては、特に大きな意味を持つと見られる。
http://japanese.ruvr.ru/2011/12/29/63099031.html

【天然ガスGGJ】



| ニュース | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島第1原発:井戸水からセシウム検出 南相馬の4カ所

 環境省は26日、東京電力福島第1原発事故後に設定された福島県内の緊急時避難準備区域(9月末に解除)にある飲用の井戸水中の放射性セシウムの濃度を調べ、南相馬市の4カ所で少量を検出したと発表した。最大で水1リットル(キロ)当たり14.7ベクレルで、厚生労働省の暫定規制値(1キロ当たり200ベクレル)以下だが、来年4月施行を目指す新基準値(同10ベクレル)を3カ所で上回った。

 調査は同市と広野町、楢葉町の1317カ所で10、11月に行い、同区域の他の自治体などは継続中。南相馬市原町区北長野の2カ所と同区北原の1カ所で、1リットル当たり11.4~14.7ベクレル、同区萱浜で1.3ベクレルを検出した。検出下限値は5ベクレルで、他の井戸は不検出だった。環境省によるとセシウムが付いた付近の土が混ざった可能性があるという。井戸は個人所有で、結果を知らせており、多くの人が飲む恐れはほぼない。【野田武】

毎日新聞 2011年12月26日 19時29分

【放射能汚染EEF】    


>> 続きを読む

| ニュース | 00:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島第1原発:「最悪シナリオ」原子力委員長が3月に作成

菅直人前首相の指示で、近藤駿介内閣府原子力委員長が試算、作成した「最悪シナリオ」の強制移住地域の範囲
 東京電力福島第1原発事故から2週間後の3月25日、菅直人前首相の指示で、近藤駿介内閣府原子力委員長が「最悪シナリオ」を作成し、菅氏に提出していたことが複数の関係者への取材で分かった。さらなる水素爆発や使用済み核燃料プールの燃料溶融が起きた場合、原発から半径170キロ圏内が旧ソ連チェルノブイリ原発事故(1986年)の強制移住地域の汚染レベルになると試算していた。

【事故経緯DD】    【原発安全神話DDD】



>> 続きを読む

| ニュース | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

巨大地震、北海道東方沖が要注意

 東日本大震災から9カ月半。被災地の復興は緒に就いたばかりだが、そうした状況下で、新たな巨大地震の発生が懸念されている。複数の調査研究結果を総合すると、北海道東部の根室から十勝にかけての沖合で、先の震災と同じような巨大地震が近い将来、起きる可能性がある。そうなれば北海道の太平洋岸はもちろん、東北地方の三陸沿岸にもかなりの規模の津波が再び襲来する恐れがある。
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A9C93819595E0E3E2E3968DE0E3E3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E3E0E0E2E2EBE0E2E3E2

【原発安全神話DDD】



>> 続きを読む

| ニュース | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東邦ガスが天然ガス車の普及を促進

更新日:2011年 12月23日 (金)
 東邦ガスが天然ガス自動車の普及に力を入れている。22日、東海3県下の企業や自治体などの導入台数が1989年の1号車以来、累計4千台を突破したと発表した。また、同日に名古屋市内で開幕した名古屋モーターショーの会場で、大型の天然ガストラックの普及に向けた実証実験の取り組みも披露した。運送業者などが環境配慮の一環として導入する機会が増えている。同社は引き続きPRしていく考えだ。
http://www.chukei-news.co.jp/news/201112/23/articles_16667.php

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| ニュース | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

東電、電気料金に上乗せ 保養所維持管理費 高利子の財形貯蓄

 東京電力が、保養所や接待施設の維持管理費、年8・5%もの利子が付く財形貯蓄などさまざまな社員優遇に必要な費用を、
電気料金を決める際の原価に算入し、電気料金で回収していたことが本紙の調査で分かった。こうした事実を東電も認めている。
東電の手厚い福利厚生は、電力会社を選ぶことができない消費者の負担によって維持されてきたことになる。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011122090070717.html
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2011122099070717.jpg

【電気料金KKA】 【東京電力】
  


>> 続きを読む

| ニュース | 12:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

米天然ガス3ドル割れ目前に、暖冬影響で在庫が圧迫


http://www.gas-enenews.co.jp/news/2011/12/post-878.html
(2011.12.21)
米国の天然ガス指標価格(ヘンリーハブ)が続落し、今年の最安値を連日更新。16日は3・127ドル(百万BTU)と2009年9月以来の3ドル台割れも視野に入ってきた。年央6月の高値からは35%も下落しており、原油や石炭市況の堅調な動きとは対照的に下落傾向が顕著になっている。

【天然ガスGGJ】


| ニュース | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ストロンチウム、462兆ベクレルが海に流出

 東京電力福島第一原発から事故後、海洋に放出された放射性ストロンチウムの総量は、少なくとも約462兆ベクレルになることが朝日新聞の試算でわかった。水産庁は魚介類への蓄積を調べるサンプリング調査の強化を検討している。

 試算は東電などが発表した資料をもとに行った。4月に2号機、5月に3号機から流出した放射能汚染水については、流出源である両号機の建屋内のたまり水に含まれる放射性ストロンチウムの濃度を、流出した水の体積にかけて算出。これらに、今月4日に流出が確認された処理水に含まれていたと見られるストロンチウムの量を足し合わせた。大気から海への降下量は含まれていない。

 東電は4~5月に海に流出した汚染水中の放射性ヨウ素とセシウムの総量を推定約4720兆ベクレルと発表した。ストロンチウムの量はその約1割に相当する。2011年12月18日3時2分

【放射能汚染EEF】    


| ニュース | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

放射線副読本:作成委の議事録なし 文科省と電力系財団

 文部科学省が全国の小中高生向けに新たに作った放射線教育の副読本について、執筆・編集した専門家による作成委員会の議事録が作られていないことが分かった。副読本は、文科省が電力業界とつながりの深い財団法人「日本原子力文化振興財団」(東京都港区)に作製を委託し、東京電力福島第1原発事故後も委託先を変更しなかった。同財団と文科省は、毎日新聞の取材に「議事録はない」と回答。識者からは「不自然だ」と批判の声が出ており、不透明な作製過程が問われそうだ。【木村健二】
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111218k0000m040071000c.html

【原発安全神話DDD】



>> 続きを読む

| ニュース | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

汚染水はストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1立方センチあたり10万~100万ベクレル

福島第1原発:淡水化装置から汚染水流出
http://mainichi.jp/select/jiken/graph/20111205f/index.html
 東京電力は4日、福島第1原発で放射性物質を処理した後に淡水化する装置から、45立方メートルを超す汚染水が建屋内に漏れ、一部は建屋外の側溝に達したと発表した。側溝は海につながっており、建屋から500~600メートル離れた海に流出している可能性もあるという。東電は原因を調査している。

 東電によると、同日午前11時半ごろ、巡回中の社員が建屋から漏水しているのを見つけた。汚染水はストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1立方センチあたり10万~100万ベクレル含まれ、表面線量は毎時110ミリシーベルトだった。建屋(30メートル×30メートル)の床に深さ約5センチ、計約45立方メートルたまっていた。さらに建屋から約10メートル離れた側溝まで漏れた形跡があった。漏えいは同日午後2時過ぎに止まった。

 原子炉等規制法に基づく汚染水の海洋放出の基準と比べると、今回漏えいした汚染水に含まれるストロンチウムの濃度は約100万倍にあたる。

 松本純一原子力・立地本部長代理は「循環注水や冷温停止状態の判断には影響しないと考えている」としている。【関東晋慈】

 2011年12月

【放射能汚染EEF】    


| ニュース | 09:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

原子力安全協定:県と九電、最後の詰め 年度内にも締結へ /長崎

 原子力安全協定について、九州電力と締結する方向で協議している県の坂谷朝男危機管理監は15日、県議会総務委員会で「現在、最後の形を詰めており(玄海原発から最短8・3キロの)松浦市とも協議した上で、九電側にぶつけていきたい」と答弁した。県は年度内にも締結したい考え。

【防災BB】 


>> 続きを読む

| ニュース | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

講演:津波への原発問題点を語る 福井大であす 「地震・津波に対して脆弱(ぜいじゃく)な福井の原発群」 /福井

 「地震・津波に対して脆弱(ぜいじゃく)な福井の原発群」と題した講演会が17日午後2時から、福井市文京3の福井大文京キャンパスで開かれる。新潟大の立石雅昭・名誉教授(地質学)が、敦賀半島に集中する原発の地震や津波の備えの問題点や危険性などについて語る。

 日本科学者会議福井支部が結成40周年を記念して講演会を企画し、今回が2回目。立石さんは1586年の天正大地震が若狭湾岸に大津波をもたらしたとする伝承を振り返り、若狭地方の地形の形成過程や断層活動などについて紹介する。

 一般500円。会場は同キャンパス教育地域科学部1号館11講義室。問い合わせは福井大大学院・森透研究室(0776・27・8725)。【安藤大介】

【地震と原発DDE】



>> 続きを読む

| ニュース | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

県:オフサイトセンター、代替施設に県消防学校 原発災害暫定計画に盛る /鹿児島

 県は15日、県議会原子力安全対策等特別委員会で、改訂中の原子力災害対策の暫定計画案の概要を明らかにした。川内原発(薩摩川内市)で事故が起きた際に国や県の対策本部となるオフサイトセンター(同)について、日置市の県消防学校を代替施設とするなどの内容を盛り込んだ。

 現在のオフサイトセンターは川内原発から約11キロ離れている。福島第1原発事故を受け、県は防災対策重点地域を10キロから20キロに拡大する見直しを進めており、オフサイトセンターも避難対象区域に含まれてしまう可能性がある。このため、約24キロ離れた県消防学校を代替施設とした。

 計画案ではこのほか、緊急避難が必要と判断した場合、国の指示を待たずに県が関係市に要請できることなどを定めている。関係者との最終調整を進めており、年内に計画を公表する。【山崎太郎】

【防災BB】 



| ニュース | 08:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

原発停止なら電気料金値上げ検討も…電事連会長

 電気事業連合会の八木誠会長(関西電力社長)は16日の定例記者会見で、原子力発電所の運転停止が長引いた場合の電気料金について、「もともとの(電源の)供給構造が変わる」として、値上げが検討事項になりうるとの見方を示した。


 電力会社は、運転が止まったまま再稼働できない原発の代わりに、発電コストが割高な火力発電を増やしている。八木会長は「電力会社の経営効率化の努力もあり、(値上げの)判断時期は一概には言えない」と述べる一方で、値上げを避けるには原発の再稼働が必要だとの認識も示した。

(2011年12月16日20時46分 読売新聞)

【電気料金KKA】   


| ニュース | 02:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

浜岡原発廃炉を決議 静岡・吉田町議会、30キロ圏で初

 静岡県御前崎市にある中部電力浜岡原発から半径20キロ圏の同県吉田町議会は16日、「浜岡原発は再稼働せず、速やかに廃炉にすべきだ」とする決議案を全会一致で可決した。中部電に対して廃炉を求めるよう国などに要請する意見書案も可決した。

【脱原発に向けてAA】



>> 続きを読む

| ニュース | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島第一3号機、手順書違反し冷却停止か

 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、3号機の運転員が3月13日未明、代替注水用の消火ポンプで注水が可能かどうか確認しないまま、緊急冷却装置「高圧注水系」を停止していたことが政府の原発事故調査・検証委員会の調べで分かった。

【事故経緯DD】    


>> 続きを読む

| ニュース | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

グリーンピースが「抜き打ち検査」 スーパーの「魚汚染」チラシが話題

2011/12/16 10:03
http://www.j-cast.com/2011/12/16116584.html?p=all
ブリは1キロ60ベクレル、マダラは47.3ベクレル――。スーパーで販売された魚に含まれる放射性セシウムの数値を表示した環境保護団体のチラシが、分かりやすいとネット上で話題だ。
「スーパーのかわりにグリーンピースが放射能測定しました」。チラシには、このようにうたってある。どの魚も規制値をかなり下回る。
ブリは1キロ60ベクレル、マダラは47.3ベクレル

分かりやすいと評判に
グリーンピース・ジャパンでは、2011年9月8日から11月8日まで、三陸・関東両地方で2回に分けてスーパー大手5社の抜き打ち調査を行った。チラシは、調査の結果をまとめ、魚の種類ごとに線量を表示している。
そのうち消費者の関心が高いのは、どこで漁獲されたかが分かりにくい回遊性の魚だ。最も線量の高かったブリは、ダイエーで販売されていた岩手産だった。また、次に高かったマダラは北海道産で、ユニーで販売されていた。続いて、マイワシ・マアジが23ベクレル、カツオが22ベクレルなどとなっている。

【食品汚染EEFA】



>> 続きを読む

| ニュース | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

西日本新聞社にとって九電は、2番目の大株主

原発批判を削除要請、発行直前に出版中止 西日本新聞社

 九州でブロック紙を発行する西日本新聞社(福岡市)が、環境活動家に執筆を頼んだ地域づくりに関する本を、九州電力玄海原発でのプルサーマル発電を批判した記述について削るよう求めたうえ、著者が応じたにもかかわらず、昨年12月に出版中止にしていたことがわかった。担当編集者は著者に中止の理由を「上層部の意向」と伝えていた。

【マスコミSSB】  


>> 続きを読む

| ニュース | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

被ばく年20ミリ「適切」=発がんリスク「低い」-子どもに配慮を・政府作業部会

 東京電力福島第1原発事故で、放射性物質による低線量被ばくのリスク管理について議論する政府の作業部会の第8回会合が15日、内閣府で開かれ、政府が設定した被ばく線量の上限年間20ミリシーベルトという数値について、「健康リスクは他の発がん要因に比べても十分低い水準で、スタートラインとしては適切」との報告書をまとめた。
 子どもや妊婦についても、同100ミリシーベルト以下の被ばくであれば、発がんリスクは小さいと指摘。ただ、住民の不安を考慮し、同100ミリシーベルト以下でも、子どもに対し優先的に放射線防護のための措置を取るべきだとした。
 その上で、住民に規制数値の意味合いを理解してもらうことが重要だと強調。政府や専門家は、住民目線で分かりやすく情報を提供する必要があるとも指摘した。(2011/12/15-23:17)

【放射能汚染EEF】    


| ニュース | 03:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

年20ミリで警戒区域解除=環境省、除染で5ミリ目指す-細野担当相

 東京電力福島第1原発事故で、政府がこれまで避難基準としてきた年間20ミリシーベルトについて、細野豪志原発事故担当相は15日、記者団に対し、警戒区域や計画的避難区域を解除する基準になり得るとの考えを示した。「政府の原子力災害対策本部が決めること」としながらも、「(除染で線量低下を目指す)スタートラインとして適切という考え方が政府の作業部会で示された」と述べた。




>> 続きを読む

| ニュース | 03:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島1号機配管 地震で亀裂の可能性

2011年12月15日 朝刊

 経済産業省原子力安全・保安院が、東京電力福島第一原発1号機の原子炉系配管に事故時、地震の揺れによって〇・三平方センチの亀裂が入った可能性のあることを示す解析結果をまとめていたことが分かった。東電は地震による重要機器の損傷を否定し、事故原因を「想定外の津波」と主張しているが、保安院の解析は「津波原因説」に疑問を投げかけるものだ。政府の事故調査・検証委員会が年内に発表する中間報告にも影響を与えそうだ。 

【事故経緯DD】    


>> 続きを読む

| ニュース | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「非常用復水器」すぐ稼働なら炉心溶融なかった 原子力安全基盤機構調査

2011.12.9 19:14
 原子力安全基盤機構(JNES)は9日、東京電力福島第1原発1号機で、非常時に原子炉の圧力を下げて冷却する「非常用復水器(IC)」が津波から45分以内に稼働していれば、炉心溶融に至らなかったとする解析結果を公表した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111209/dst11120919150008-n1.htm

【事故経緯DD】    【原発安全神話DDD】


>> 続きを読む

| ニュース | 16:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

津波後1時間内復水器再稼働なら「1号機溶融なかった」

東日本大震災:福島第1原発、
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111209ddm002040079000c.html
 ◇基盤機構解析
 東京電力福島第1原発事故で、1号機の原子炉を冷却する非常用復水器(IC)が津波襲来から1時間以内に再稼働した場合、炉心溶融に至らなかったことが8日、原子力安全基盤機構(JNES)の解析で分かった。ICは電源が失われても動く唯一の冷却装置だが、ICにつながる配管の弁が閉じ、機能を果たせなかった。迅速に弁を開ける方法を準備していれば、炉心溶融は避けられた可能性がある。

 解析は経済産業省原子力安全・保安院がJNESに依頼し、9日に発表する。

【事故経緯DD】    【原発安全神話DDD】



>> 続きを読む

| ニュース | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

福島第一で岩盤の揺れ、想定の3倍 保安院が解析


 東日本大震災時に東京電力福島第一原発や東北電力女川原発(宮城県)の地下岩盤部で地震の揺れが、国の新しい耐震指針による想定を上回っていたことが9日、明らかになった。福島第一原発では敷地沖が震源になった場合の揺れの見積もりの約3倍だったうえに、余裕を持たせたはずの設計用の揺れも超えた。地震対策の前提となる揺れの想定が過小評価だったことを裏づけた。

【事故経緯DD】    【原発安全神話DDD】


>> 続きを読む

| ニュース | 08:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

郡山市の子ども月450マイクロシーベルト




>> 続きを読む

| ニュース | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。