天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

玄海原発再稼動は、なぜ、挫折したのか?【YYYY】【脱原発に向けてAA】

玄海原発再稼動は阻止されました。この騒動は、まだ終わっていませんが、いま、この事件を振り返り、今後、何かに役立つのではないかと思い、私なりにまとめてみました。




九電がデマを飛ばすたびに、信頼がなくなっていきました。
原発を成り立たせているのは、いろいろな要素がありますが、必要不可欠なのは、「信頼」です。信頼がこれほど揺らいでは、再稼動はできません。

1)まず、電力不足について。
九電は、設備は足りていましたが、火力の燃料が調達できないと訴え、原発再起動の最大の理由にしていました。ところが、燃料調達困難を石油連盟の会長が再三否定した。

2)やらせ、住民説明会問題
再起動に向け、現地で住民説明会が開かれましたが、九電関係者のやらせが発覚。説明する側が、質問もするというやらせでした。

3)近隣の市町村や長崎県が安全協定を結ぶ事を要請します。この要請を無視する形で、原発再稼動を強行しようとしました。

4)安全性の不安
玄海一号機は、日本で一番危険な原発。専門家が九電の安全宣伝に大きな疑問符をつけました

5)地元反対運動
現地の反対グループは、強い反対運動を展開しました。全国からも抗議の声が多数県庁に届きました。知事は、知事室から出てきませんでした

6)菅首相のストレステスト要請
これが最終的なストッパーになり、再起動は見送られました。

7)九電と知事、町長らの癒着、金の流れ等をマスコミが暴きました。

これだけあって、ようやく再稼動が阻止されました。どれ一つとっても重大なことばかりでした。

九電と知事への信頼は地に落ちました。こんな状態では、信頼どころか、不安は募るばかりだった。

以上、私なりの簡単なまとめです。抜けていることもあるかもしれません。
今後に何か役立つでしょうか?

【九州電力】(60Hz)http://www.kyuden.co.jp/nuclear_index.html
玄海原子力発電所
1号機    運転中    55.9万    1975/10    35年
2号機    停止中    55.9万    1981/3     30年
3号機    停止中    118.0万    1994/3    17年
4号機    運転中    118.0万    1997/7    13年

危険・警告川内原子力発電所
1号機    停止中    89万    1984/7     26年
2号機    運転中    89万    1985/11    25年
3号機    計画中    159万    2019


ニュースヘッドライン
07【05月06日】九電・川内原発 1号機が定期検査、停止へ
03【05月26日】「玄海原発1号炉は日本一危険な原子炉といっていいでしょう」
01【05月27日】石油連盟会長 火力発電用燃料は十分。電力供給問題 九電の「調達難」否定
06【06月03日】九電 火力燃料確保でも「数%の節電を要請する」 佐賀県議会 特別委で表明
05【06月08日】九電、初の住民説明会 川内原発の津波対策
03【06月10日】九電、節電要請を先送り 燃料調達進み判断は6月末に
02【06月17日】「九電の燃料確保可能」と石油連盟会長再度見解
08【06月24日】「閉ざされた住民説明会」に対する抗議書を3団体で提出しに、佐賀県古川知事を訪問。知事、出てこない。
11【07月01日】九電に安全協定要請 日置市長 川内原発30キロ圏
09【07月02日】佐賀・玄海原発:再開問題 知事容認姿勢 県庁に抗議殺到、玄海町にも
10【07月02日】一人一人の抗議の声が成果を出し始めました!
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=63463104&comm_id=260093
12【07月02日】【解説】玄海1号機の劣化問題 危険性の指標上昇
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1968466.article.html
14【07月05日】「長崎県の意見反映を」原発再開で佐賀に要請へ
17【07月06日】水力発電所の運転開始 九州電力、宮崎の小丸川2号機
15【07月07日】「やらせメール」指示発覚、九電社長「原子力アウトになるかもしれない」
16【07月10日】玄海町長実弟企業に原発マネー 工事受注計17億円
19【07月12日】山本太郎 佐賀県庁突入「知事出てこい」
20【07月07日】九電プレスリリース、 供給予備力は224万kWとなり,安定供給できる見通し
22【07月24日】玄海原発1号機に欠陥の可能性 鋼材不均質?井野氏ら指摘
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/254966
23【08月04日】 <九電やらせ>佐賀県が職員動員 玄海原発説明会に
24【08月04日】苅田火力が停止 余力ほぼゼロに。九電は「数値目標を示した節電要請はしない」
25【08月03日】冬場の電力5%供給不足も 九電「原発なし」で試算

| 脱原発日記 | 10:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/91-0e4a580f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。