天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

■【基本情報】石炭の実力【石炭GG1】

1【情報の概要】
石炭から得る電力は最新鋭の設備ならば、3割以上増やせる、可採埋蔵量も100年以上。




2【情報の意味】
エネルギー問題を語る上で、石炭は重要。
1)世界のエネルギー消費の25%以上は石炭
2)可採埋蔵量は100年以上で今後も増えそう
3)最新鋭石炭火力発電所から得る電力は従来と比べて3割以上増やせる
4)安い

3【情報のソース】
1)【基本情報】世界の一次エネルギー供給構成比
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=63386286&comm_id=5673714
2)石炭資源『ワールドコール リポート)
http://www.brain-c-jcoal.info/worldcoalreport/S01-01-01.html
「世界の石炭事情」
http://www.brain-c-jcoal.info/worldcoalreport/digest.html
3)石炭から得る電力は3割以上増やせる
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/column/toichi/25/03.shtml

4【コメントや補足説明】
今後のエネルギーは、石油、石炭、天然ガスの三本柱。原発のでる幕はありません。
石炭の強みはその豊富な埋蔵量です。確認されているだけで、まだ、133年もあります。。
近年、可採年数は、激減していますが、その原因は、「急速な生産拡大と新規投資の不足等により漸減」です。つまり、開発や設備投資が追いつかないので、減っているだけです。

石炭を最も効率的に電気に替える技術を日本は開発中で、その実用プラントがオーストラリアで運転間近です。3割節約できる技術です。また、大気汚染もあまり心配はありません。公害防止技術のある最新石炭火力発電所の煙突からは、煙は見えません。

| 基本情報 | 09:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/72-f9a983ca

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。