天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

現状のまま大飯原発再稼働「民主党政権もたぬ」橋下氏が牽制

いま、原発の再稼働が焦点になっています。再稼働が必要だという十分な説明はありません。むしろ、原発なしで電力は足りているという試算が専門家複数から出てきました。橋下市長は大阪府長時代から、原発の必要性についての説明には嘘があるのではないか、きっちりデータや根拠が示されていないとして、関電にデータの要求をしてきました。今回も同じように、いったいどれだけの電気が足りないのか、いつまで足りないのかデータを持ってはっきり示して欲しいと要求しています。世論はなるべく原発を動かさないで欲しいというものですから、原発再稼働が必要だったとしても、最小限に留めたいわけです。市長として、その為に節電が必要であれば、市民に協力を呼びかけるつもりです。しかし、関電からデータを元にした説明はありません。ただただ、電力不足といっているだけです。そう言うゴリ押しをするならば、民主党は支持を失い、政権は持たないだろうと橋下市長はいっているのです。

2012.3.16 21:15 [節電の春]
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働について、脱原発依存を打ち出す橋下徹大阪市長は16日、「本当に電気が足りないのか、いつまで再稼働が必要なのか。そういう情報開示なしに再稼働したら民主党政権はもたないと思う」と発言。政府が月内にも再稼働の是非を判断する流れとなっていることを強く牽制(けんせい)した。

【電力不足詐欺GGH】【関西電力】【橋下VS関電】






 橋下市長は、福島原発事故時の政府対応のまずさが露呈した中で、新たな危機管理体制の構築なしに再稼働するのは「あり得ない政治判断」とし、「政府のストレステストがまず必要だ」と述べた。

 さらに、藤村修官房長官が16日、再稼働にあたり同意が必要な地元自治体に滋賀県は含まないとの認識を示したことについて「同意を得るなら範囲は福井県だけでは収まらないし、まやかしだ。それなら地元同意など取らず、国が全責任を負って決定すべきだ」と話した。

| ニュース | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/651-3753dec2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。