天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

消された数字2 A氏からのメール

消されたページjpg消された数字 東電

この日記は、フィクションですが、使われている資料や数字は本物です。

=====================

東南新聞社 社会部 涼原 恵様

 メールでは、はじめましてになります。
 4月13日のデモの時に取材を受けた秋元 理です。忘れてしまったかもしれませんが、資料送ります。というか、説明します。あの、デモの時に、うまく説明できなかった水力発電の件です。

 話は簡単なんです。
 東電のHPに出ている数字で、計算すると計画停電は必要なかったし、今夏も必要がないということです。
 まず、3月14日(月)の計画停電のことを振り返ってみましょう。
 東電の供給力が3,100万kWで、需要想定が4,100万kW(18時~19時)で、1、000万KWも足りないと各社が報道しました。
 東電の3月13日付のプレスリリースにもそう書いてあります。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11031404-j.html
<参考>
○3月13日の需給予測
 需要想定  3,700万kW(18時~19時)
 供給力   3,700万kW

○3月14日の需給予測
 需要想定  4,100万kW(18時~19時)
 供給力   3,100万kW

 私がおかしいと思うことはいくつもあるんですが、まずはじめに、新聞社って、何も調べないで報道するんですか?どうして、東電の発表をそのまま流すのか?東電の広報係ですね。その後の検証もしていないじゃないですか。東電は、嘘つきだしいろいろ誤魔化すって、分かりきったことなのに、どうして、嘘だけを報道するんですか?何で、検証しないんですか?マスコミは、東電からかなりの金を受け取っているというのは本当ですか?

 マスコミがやらないから、私がやってあげます。

 東電発表の供給力3,100万kWに根拠はないです。
 嘘です。本当の数字は、正確には分からないけど東電のHPに載っている発電設備容量は、
2009年度実績(他社受電を含)
原子力 1,819 (23)         
水力  1,464 (19)         
火力  4,486 (58)   

 水力と火力を足すと5,900万KWもあるじゃないですか。震災で止まっていたのがあったとしても、十分に間に合っているはずです。止まっていた発電所は、東電のプレスリリースを見れば分かるけど、たいした数じゃない。

 上記の数字は東電のHPにあったんですが、削除されました。都合が悪い数字は削除されてしまう。幸い、スクリーンショットで保存していた人がいますので、その画像を添付します(上図)。

 では、実際の3月14日の実績はどうだったでしょうか?
 これも、東電のプレスリリースに書いてあります。
 実際は、2900万KWしか使わなかった。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110314o.pdf
 計画停電などいらなかったわけです。需要予測まで大きくはずしていた。


 とにかく、マスコミがどうして、東電発表の根拠を質してくれないのか、根拠なき数字をどうして垂れ流すのか、日本をだめにしているのは、あなたたちマスコミじゃないですか?


 この間のデモだって、たくさん写真を撮っていたし、あなただって、取材したんだから、1万5千人も集まったデモだったんだから、大きな記事になるだろうと期待していたのに、なぜあんなに小さな扱いなのか。本当にがっかりしました。

 日本中にいる原発反対の人々、疑問に思っている人々にアピールするためにデモしているのに、マスコミがほとんど取り上げてくれないのには、本当に失望しました。1万5千人のデモなら、十分事件になると思っていたのに。 

秋元 理


| 消された数字 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/646-4ca08a39

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。