天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

どうすればいいか、どうすればできるか、ではなく、どうしてできないのかが重要

原発問題もふくめて、日本の社会は、硬直し、既得権がはびこり、よりよい選択ができなくなっている。

どうすればいいかという、正論は世にあふれている。たとえば、東電は、賠償能力がないのだから、一旦潰して資産を売却すれば、電気料金値上げも税金投入もしないで、賠償資金はまかなえる。

どうすればできるかという、アイディアや構想も世にあふれている。たとえば、電力業界は、発送電分離をすればいいのである。そうすれば、競争原理が働き、リスクの大きい原発を電力会社はやめるであろう。

最大の問題は、どうしてそれができないのかである。これがよく分かっていない。原発村の既得権がこれを阻止しているのだけれど、この、「どうしてできないのか」の詳細な分析と見取り図が重要だと思う。

できない理由を詳細に検討し、一つ一つ壊していくことが必要だと思う。原発村の既得権は、どういう構造になっているのか。個人名を上げて、詳細に調べ上げるべきだろう。

政治権力がそこにメスを入れることが、結局一番の近道か?

原発村の既得権が原発という不合理を支えているのは確かだが、原発村という抽象的な表現では、不十分だ。誰がどこで何をして支えているのか。その詳細を知る必要がある。それがわかれば、問題の大半は解決できると思う。

東電の株主の脱原発提案を否決したのは誰か?

東電の犯罪を放置しているのは誰か?(放射能を一般人がまき散らせばすぐに逮捕されますが、東電関係者は誰も逮捕されていません)

発送電分離を誰が反対しているのか?

東電救済に走り回っているのは誰か?

政治家が原発村の既得権を壊すしかないと思う。そういう政治家を選ぶことができるのか、それとも、このまま、日本は既得権や原発と一緒に心中するのか。政治改革は一向に進まないだろうし、脱原発の信頼できる政治家は一人もいない。間に合わないかもしれない。有権者の立場からの脱原発の見通しは暗い。


もう一つの可能性は、電力会社自身が原発を放棄することである。何を好んで、リスクの大きな原発を抱え込む必要があるのか。原発事故一発で、会社は倒産するんだよ、経営者は、ここをよく考えてもらいたい。

原発さえなければ、電力会社は、安定優良企業でいられるんだから。わざわざお荷物を背負う必要はないではないか。

弱いところから攻めるのがいいと思う。中部電力は、脱原発の準備ができているので、中部電力から、脱原発を広めるという手が残っている。消費者の立場から脱原発。こっちの方の見通しは、不透明だが希望がありそうな気がする。
どうすればいいか、どうすればできるかではなく、この場合でも、どうして中部電力は脱原発宣言ができないのかを知ることが重要だと思う。




今後の予想。

民主党と経産省は、ストレステストの結果を受けて、原発の安全宣言をする。
しかし、政治判断で、老朽原発をいくつかは廃炉にする。
その後、他の原発の再稼働
【脱原発に向けてAA】  


| 脱原発日記 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/602-5267cdc8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。