天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

原発の安全規制強化策 6日に発表へ

< 2012年1月6日 0:31 >

 
 福島第一原子力発電所の事故を受けて、細野原発相は6日、最新の安全技術を反映させた原子炉以外は稼働させないことなどを柱とした安全規制の強化策を発表する。

【経産省、保安院、原子力委員会、安全委員会JJ】

安全対策は何をするかも重要ですが、どういう体制で、誰がやるかも重要です。

たとえば、保安院や安全委員会の委員長に、以下の人がなったら、全く違う安全指針が作られるでしょう。

1)武田邦彦
2)山本太郎
3)橋下徹
4)芦田愛菜

何をやるかも重要ですが、誰がやるかも重要です。同じ顔ぶれで責任を不問にしてやるなら、同じ過ちを繰り返すでしょう。安全対策の強化にはならないと思います。





 これまでは、原子炉が建設された後に新たな安全基準ができても、法的な拘束力はなかった。しかし、今後は、すでにある原発についても常に最新の安全技術や知識を反映させるよう事業者に義務づけ、違反した場合は運転の停止命令を出す法改正を行う方針。

 また、これまでは法律の明確な定めがなかった原子炉の運転期間についても、40年が経過した原発は原則として停止する方針も盛り込まれる。

 今後は、環境省の下に新たに設置される「原子力安全庁(仮称)」に一元化した強力な権限を持たせ、規制を実効性のあるものにするという。

 政府は今月末までに閣議決定し、通常国会に改正法案を提出する方針。

| ニュース | 10:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/579-a459ff50

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。