天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

帝石のパイプライン/富山側は熊谷、鹿島/12月下旬から順次着工

20111207建設通信

【全工区の施工者内定】
 国際石油開発帝石(北村俊明社長)は、富山ラインでの富山県側工区の施工者を熊谷組と鹿島に内定した。これにより全工区の担当が決まり、12月下旬から順次着工する方針だ。

 同ラインは、既に供用中の新潟県糸魚川市新青海ラインから富山市の日本海ガスまでをつなぐ長さ102kmの天然ガス輸送パイプライン。

【天然ガスGGJ】





 計画では、 熊谷組が新潟〜富山県境周辺の山岳トンネル1本、 鹿島がそこから日本海ガスまでの 陸上部土木工事(2工区分) に着手する。

 糸魚川市に設置する山岳トンネル数本は、大林組と清水建設にそれぞれ内定している。

 概要などの詳細については全工区での工事契約を終えた段階で公表する見通し。着工は新潟県側が今月下旬、富山県側が2012年4月ごろを予定している。14年度の全面供用を目指す。

 また、配管工事は2工区に分けており、新潟県側工区が日鉄パイプライン、富山県側工区は住友金属パイプエンジが施工を担当する。

 パイプラインの仕様は設計圧力7メガパスカル、管径20インチ(508mm)。

 供給量は、 4億m3から7億m3を 見込んでいる。

 天然ガスは冷凍状態で海外から輸入し、新潟県上越市の直江津港LNG受入基地で解凍・保存される。

| ニュース | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/542-ec3060a3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。