天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

[FT]中国石油天然気、四川省でシェールガス発見

(2011年12月8日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819584E2EAE2E2E38DE2EAE3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E2
 中国石油天然気(ペトロチャイナ)が四川省でシェールガス田を発見したことを公表した。事実とすれば大量のエネルギーを必要とする中国の地下に莫大(ばくだい)な量の新型燃料資源が眠っていることになる。

【天然ガスGGJ】





(1/2ページ)2011/12/8 14:00

■格安で豊富なエネルギー源に

中国石油化工集団(シノペック)や英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどもシェールガスの探査プロジェクトを進めている(北京にあるシノペックのビル)=AP
 シェールガスは地下の頁岩(けつがん)層に含まれる天然ガスで、今後数十年にわたり世界最大のエネルギー消費国となる中国に格安な燃料資源を豊富に供給し、エネルギー供給構造を変革する可能性がある。

 石油・天然ガス大手の中国石油天然気集団(CNPC)の上場子会社であるペトロチャイナは、フィナンシャル・タイムズ紙に、四川省南部のシェールガス埋蔵地帯で約20のガス田を採掘した結果、開発の見通しが立ったことを明らかにした。

 ペトロチャイナ幹部の毛澤鋒氏は「1ガス田当たりの生産量が日量1万立方メートルを超える。現在、潜在埋蔵量の正確な規模を評価している」と語った。

 シェールガスは高圧の水で頁岩に亀裂を入れる「水圧破砕」法という新技術で生産する。この新技法が天然ガス価格を引き下げ、シェールガスの最大生産国である米国などのエネルギー市場に大変革をもたらした。

■中国の需要を300年まかなえる埋蔵量

 中国にはまだ商業ベースに乗ったシェールガス田は存在しないが、中国石油化工集団(シノペック)、英蘭ロイヤル・ダッチ・シェル、英BPおよび米シェブロンなどが、探査プロジェクトを実施している。

 米エネルギー情報局の推定によると、中国の埋蔵量は世界一で採掘可能埋蔵量は1275兆立方フィートで、現在の消費量で換算すると、今後300年以上中国にシェールガスを供給量できる。

 中国政府は増大を続ける国内エネルギー需要をまかなう解決策の1つとして天然ガスを重視し、シェールガスや、石炭層から採れる炭層メタンガス(CBM)などの「非在来型」天然ガスの開発を奨励している。




 シノペックの傅成玉董事長は7日の会議で、中国のシェールガスの生産量はいずれ米国を追い越すとの見通しを示した。

 英コンサルティング会社ウッド・マッケンジーで中国天然ガス調査部門の責任者を務めるギャビン・トンプソン氏は、四川省南部の初期の採掘結果から見て、ガス井の水平掘りが行われれば「世界の優良シェールガス田」にも匹敵すると期待する。ペトロチャイナによると、従来のガス井の大半は垂直掘りだが、現在は水平掘りが進行中だという。

■商業ベースに乗るには時間も

 トンプソン氏は「現在は中国のシェールガス開発にとり極めて重要な時期」と言う。「今後1~2年でペトロチャイナかシノペックがシェールガス田の開発に大成功すれば、開発に弾みが付く」と予測している。

 しかしアナリストの一部は、同国のシェールガス開発が直ちに商業ベースに乗るとの見通しには懐疑的だ。中国の天然ガス価格が相対的に低いうえ、パイプラインなどのインフラ施設も欠如しているためだ。2人の地質学者はFT紙に対し、日量1万立方メートルの生産量は、米国の陸上ガス田と比較して決して大きいとは言えないと指摘する。

| 天然ガスニュース | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/532-89b1dab0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。