天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

講演:津波への原発問題点を語る 福井大であす 「地震・津波に対して脆弱(ぜいじゃく)な福井の原発群」 /福井

 「地震・津波に対して脆弱(ぜいじゃく)な福井の原発群」と題した講演会が17日午後2時から、福井市文京3の福井大文京キャンパスで開かれる。新潟大の立石雅昭・名誉教授(地質学)が、敦賀半島に集中する原発の地震や津波の備えの問題点や危険性などについて語る。

 日本科学者会議福井支部が結成40周年を記念して講演会を企画し、今回が2回目。立石さんは1586年の天正大地震が若狭湾岸に大津波をもたらしたとする伝承を振り返り、若狭地方の地形の形成過程や断層活動などについて紹介する。

 一般500円。会場は同キャンパス教育地域科学部1号館11講義室。問い合わせは福井大大学院・森透研究室(0776・27・8725)。【安藤大介】

【地震と原発DDE】







| ニュース | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/508-1b6a89c1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。