天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

汚染水150リットル海に=濃縮装置建屋から流出―福島第1

(時事通信社 - 12月06日 19:05)
 東京電力は6日、福島第1原発の汚染水処理システムのうち蒸発濃縮装置の建屋で4日に起きた水漏れで、約150リットルが海に流出したと発表した。標準的なドラム缶4分の3に相当する量。放射性セシウムは大半を吸着処理済みだが、ストロンチウムの濃度が高く、全放射能量は約260億ベクレルと推定され、同原発の平常時の年間放出管理目標値の12%に相当する。

 東電は、海流で拡散するため、放水口近くの魚や海藻を毎日食べて体内に取り込み続けた場合でも被ばく量は年間0.0037ミリシーベルトで、人体への影響はほとんどないと説明している。

 【放射能汚染EEF】    





汚染水 海に150リットル流出
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1837743&media_id=4
ストロンチウムが半分を超えていると思っていたが、ほぼ全部だったようだね。

【ニュース】
ストロンチウム(89が110億ベクレル、90が150億ベクレル)を含む汚染水約150ℓが海に流出 - 福島
2011/12/6日刊スポーツ
東京電力福島第1原発で、高濃度汚染水を処理した後に淡水化する装置から汚染水が漏れた問題で、東電は6日、放射性物質のストロンチウムなどを含む汚染水約150リットルが海に流出していたと発表した。

東電によると、海に流れた放射性物質の量は計260億ベクレルと推定。
近くの魚を食べ続けたとしても人体への影響はほとんどないとしている。
同社は「放射性物質を含んだ水を放出し、心よりおわびします」と陳謝した。
汚染水に含まれるのはストロンチウム89と同90、セシウム137など。ストロンチウム89が約110億ベクレル、同90が約150億ベクレルだった。
汚染水は側溝に流入し、排水溝を通じて海に流れ出たとみられる。
漏えいを受けて経済産業省原子力安全・保安院は、原因究明と再発防止策の報告を同社に指示している。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20111206-873445.html

| ニュース | 02:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/468-8faf4003

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。