天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【天然ガスGGJ】 国際協力銀:郵船子会社に126億円融資-東電向けLNG輸入支援 (1)

  11月10日(ブルームバーグ):国際協力銀行は10日、日本郵船子会社の液化天然ガス(LNG)輸入プロジェクト向けに協調融資を組成したと発表した。同行が126億円を融資するほか、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行も参加する。原発事故の影響で、火力発電燃料として需要が高まるLNGの長期安定調達を金融面から支援する。
  国際協力銀の発表資料によると契約は9日付。融資先プロジェクトは郵船子会社が三菱重工業からLNG船を調達し、パプアニューギニアから東京電力向けにLNGを輸入するもので、1回に約6.7万トンのLNGを運搬できる船を2014年予定の竣工後15年間使う。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920015&sid=aTPfPmH3L_SM







JBIC、液化天然ガス輸入のためのLNG船調達で資金供与


国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺博史)は、9日、日本郵船株式会社が100%出資するBahamas LNG Shipping Limited(略称:BLS)との間で、126億円限度(JBIC分)のプロジェクトファイナンス・ベースの貸付契約に調印しました。本融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行及び株式会社三井住友銀行との協調融資によるものです。

本融資は、BLSによる新たなLNG船の調達に充てられ、当該船舶はパプアニューギニア独立国で実施されるPNG LNGプロジェクトから東京電力株式会社がLNGを輸入するために使用される予定です。本件は、日本の海運会社のノウハウを活用しつつ、近年、発電用燃料としての重要性が高まっている天然ガスの長期安定的な確保に寄与するものです。

JBICは、今後も、様々な金融手法を活用した案件組成やリスクテイク機能等を通じて、日本企業が行う重要資源の安定的な確保への取組みを積極的に支援し、日本のエネルギー安全保障に貢献していきます。
http://www.ecool.jp/press/2011/11/jbic11-lng1110.html

| 天然ガスニュース | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/420-7bf3f383

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。