天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

双日など4社、アンゴラで肥料プラント受注 1000億円超の規模

2011.11.15 19:10
 双日と住友商事、三菱重工業、東洋エンジニアリングの4社は15日、アフリカ南西部のアンゴラ共和国で、大型の肥料プラント建設工事を受注したと発表した。アンゴラで豊富に産出する天然ガスを原料に、アンモニアや尿素など肥料の原料を製造するプラントを建設する。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111115/biz11111519100032-n1.htm






 食料需給が逼迫する中、アフリカは、米国やブラジルに次ぐ穀物の生産国として期待されている。肥料を製造することで穀物生産量を増やし、食料の安定供給につなげるのが狙いだ。

 肥料プラントは、アンゴラの首都ルアンダから北に約300キロメートルのザイーレ州ソヨに建設。12年に着工し、15年末の生産開始を目指す。受注総額は1000億円を超える見込みだ。1日の生産能力はアンモニアが2000トン、尿素が1750トンで、サハラ以南のアフリカ地域の肥料製造プラントとして最大規模になる。

 プラントの発注者はアンゴラの地質鉱山工業省(MGMI)。三菱重工がアンモニアプラントを、東洋エンジニアリングが尿素プラントをそれぞれ担当する。

天然ガスGGJ】

| 天然ガスニュース | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/401-d621f53d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。