天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

丸紅、パプアニューギニアの油・ガス田と同国初のLNGプロジェクトの権益を取得

 丸紅は、パプアニューギニアの油・ガス田と、その鉱区で産出するガスを使った同国初のLNG(液化天然ガス)プロジェクトの権益を保有する米国の資源会社、マーリン・ペトロリアムの株式約21%を取得した。マーリンはJX日鉱日石開発が間接的に所有し、今回、一部を丸紅に売却した。JX開発の保有比率は79%となる。丸紅とJX開発は今後、共同で事業を進める。
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20111115/109901/

天然ガスGGJ】




2011年11月15日
 マーリンが保有するLNGプロジェクトは、パプアニューギニア中央部のサザンハイランド州とウエスタン州にある油・ガス田で生産する天然ガスを、首都・ポートモレスビー近郊まで全長750km以上のパイプラインで輸送し、LNGプラントで液化して輸出する事業。LNGプラントは同国で初めてとなり、同国政府が国家事業として全面的に支援し、建設を進めている。

 LNGの生産は2014年に始める予定で、生産量は年間660万tとなる。東京電力、大阪ガスといった日本の電力・ガス会社に加え、中国、台湾と20年間の長期販売契約を結んでいる。マーリンのLNGプロジェクトへの出資比率は4.68%。複数の油・ガス田の鉱区と、発見したもののまだ開発していない鉱区や、探鉱を行う鉱区も持つ。

 日本を中心にアジア各国でLNGの需要が拡大する中、パプアニューギニアは天然資源が豊富なうえ、アジア各国へのアクセスが容易なことから、エネルギー供給国として重要度が高まっている。丸紅は、JX開発からの株式取得を機に、20年以上、同国で原油の探鉱・開発に関わるJX開発とともに同国の事業を強化する。併せて、他の地域の資源開発でも協力していく。(日経BP環境経営フォーラム)



| 天然ガスニュース | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/397-554795a5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。