天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東京ガス、総額2兆600億円の設備投資や投融資を実施する計画

http://www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20111116_01.html
東京ガス、新ビジョンで攻勢 発電事業拡大も 
2011/11/16
東京ガスは15日、2020年を視野に発電事業の拡大や導管の延伸を盛り込んだ「チャレンジ2020ビジョン」を発表した。岡本毅社長は東日本大震災後のエネルギー情勢から「天然ガスへの期待度は飛躍的に高まった」と指摘。国内では茨城県臨海部に導管を延伸し高圧幹線をループ化するほか、300万~500万キロワットの天然ガス火力を建設する。海外でもLNG(液化天然ガス)上流投資に加え、北米・欧州市場も視野に事業拡大を図る。

ビジョンはLNG調達から都市ガス供給、利用に至る「バリューチェーン」高度化を軸に、現行路線を積極化した内容。発電事業は現状で200万キロワットの設備容量(他社持ち分含む)があるが、大幅に拡大する方針。規模については電気事業制度の動向が不透明なことから300万~500万キロワットと幅を持たせ、「既存の増設も新設もありうる」(岡本社長)という。 (本紙3面より抜粋)

天然ガスGGJ】





東ガス、火力発電拡大…エネファームも33倍に
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111115-OYT1T00910.htm
天然ガス」の記事をお探しですか?最新関連記事が 20+ 件 あります。
電力
 東京ガスは15日、東日本大震災を踏まえた2020年度を目標とした長期計画を発表した。


 電力不足に対応するため、国内の火力発電事業を最大500万キロ・ワットと現在の2・5倍に拡大拡張する。再生可能エネルギー分野にも力を入れ、風力発電を最大15万キロ・ワットと8倍以上に増強する。また、天然ガスを原料とした家庭用燃料電池「エネファーム」の累計設置台数を30万台と33倍に増やす目標を掲げた。

 価格高騰が懸念されるLNG(液化天然ガス)は安定的な価格で仕入れを目指し、北米で増産しているシェールガスなども視野に調達先の多様化を図る。

(2011年11月15日19時26分 読売新聞)



東京ガスが発電事業強化で長期ビジョン 出力を2.5倍の500万キロワットまで拡大へ
2011.11.15 19:14
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111115/biz11111519170033-n1.htm
 東京ガスは15日、2020年(平成32年)に向けた長期ビジョン「チャレンジ2020ビジョン」を発表した。国内の発電事業規模を現在の約200万キロワットから最大2・5倍となる500万キロワットに拡大。海外についても、液化天然ガス(LNG)の調達や都市ガス供給、発電といった事業の拡大を進める。ビジョンの達成に向け、12-20年度までの設備投資を1兆6800億円、投融資に3800億円を投じる計画だ。

 東ガスは現在、扇島パワー(横浜市鶴見区)などガス火力発電所を4カ所持っており、合計出力は194万キロワット。長期ビジョンではさらに100万-300万キロワットの上積みを目指す。このうち100万キロワットについては「低リスクでリターンを見込める」(岡本毅社長)が、それ以上は国内の電力需給や電力制度によって考えるとした。発電規模を拡大するにあたって、東京電力の発電所が売却される場合には「検討対象になる」(同)という。

 一方、日立-鹿島、日立-小名浜などに新たに幹線パイプラインを敷設。扇島などLNG受け入れ基地と幹線をループ状につなげることで、関東圏全域のエネルギーセキュリティーを向上する。

 家庭用燃料電池「エネファーム」や、コージェネレーション(熱電併給)システムといった分散型電源の普及・拡大も促進。こうした施策により、国内の供給ガス量を2011年の150億立方メートルから220億立方メートルへと約1・5倍に引き上げる。

 海外でも、ガス火力発電事業やガス供給事業を拡大する。海外のガス火力発電容量は現在の330万キロワットから20年に500万キロワットに増強。また、シェールガスなど非在来型ガスを含めてLNGの調達先や権益の拡大を進め、原料価格の低減を目指す。


 

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920014&sid=aRvF4745Pewg
東京ガス(9531):0.6%高の329円。12年度から20年度までに総額2兆600億円の設備投資や投融資を実施する計画を含んだ長期ビジョンを15日に発表。原発事故後の電力供給力不足を踏まえた電力事業の拡大や、海外の需要家向け液化天然ガス(LNG)販売を増やし、都市ガス販売への依存を減らす事業の転換を図る。


| 天然ガスニュース | 15:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/394-cc3eb395

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。