天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

動き出す<南北露>パイプライン事業 3者がウィンの関係 韓露首脳会談合意 13年着工、17年から供給

<寄稿>「李明博大統領のロシア訪問の意味」…徐溱教
2011-11-16
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=3103&corner=4
動き出す<南北露>パイプライン事業
3者がウィンの関係
韓露首脳会談合意 13年着工、17年から供給

 李明博大統領がロシア訪問と、フランスのカンヌで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議への出席を終え、5日に帰国した。ロシアのサンクトペテルブルク訪問で、メドベージェフ大統領と首脳会談を行い、ロシアから北韓を経て韓国へ天然ガスを送るパイプライン建設のほか、極東シベリアで推進中のエネルギー、造船、自動車、建設などの分野にわたり協力強化することで合意した。続いてG20首脳会議では、世界的経済危機を克服するため汎国家レベルの対策を提議し、開発途上国支援および自由貿易増進を各国首脳に訴えた。






安保面も大きく

 今回の歴訪は次の2点で大きな意味を有する。

 第一に、その間進展のなかった南北露のパイプライン連結事業が動き出す様相を見せた点である。

 最近、東北アジア地域における影響力が縮小しつつあるロシア、天安艦・延坪島砲撃事件以後、中国の援助が北韓の期待に反することなどを背景に、韓国の支援と経済協力を切実に願う北韓の状況を考慮した場合、同事業の東北アジア地域における外交安保的意味は極めて大きい。

 ロシアは同事業を通じて東北アジア域内の影響力を増大させ、中国を牽制できる。経済的にも発展が相対的に遅れた極東地域の開発はもちろん、韓国との長期供給契約を通じて安定的外貨収入源も確保できる。韓国市場の次に中国と日本市場への進出も可能になり、ロシアとしては絶対に見逃せないチャンスだ。

 世界2位の液化天然ガス(LNG)輸入国である韓国にとっても利益だ。もちろん、ロシアのガス供給価格と北韓の通過手数料などが具体的に算出されれば自明のことだが、遠く中東からタンカーでLNGを運搬することと、指呼の距離にあるロシア極東から陸路でガスを輸送することは、輸送費の面で後者が絶対的に有利だ。

 ロシアを媒介に南北関係の新たな突破口が開かれる側面もまた、無視できない。北韓もこの事業を通じて通過手数料という経済的実益とあわせて、これまで中国に過度に依存してきた状況からある程度脱却しえる。

 このような側面から韓国とロシアの両首脳は、北韓を通過するパイプラインを通じたロシア天然ガスの導入事業が成功すれば、南北露すべてに経済的利益をもたらすとの認識で一致した。メドベージェフ大統領は「パイプラインの北韓経由にともなう危険性は全面的にロシアが責任を持つ」と事業推進に積極的な姿勢を示した。

 韓国ガス公社によると、13年からパイプライン建設に着工し、17年から供給する計画だ。

「G20」で存在感

 いま一つは、G20首脳会議に出席し、世界的な経済危機について3枚のカードを提示したことだ。世界経済の舞台で韓国の地位を再確認した点、大きな成果といえよう。

 欧州発財政危機が大衆の人気を意識した、放漫な財政運用から始まったことを指摘し、各国に大胆な構造調整を求めた。はたして、韓国が欧州先進国の経済を批判したことがかつてあっただろうか。国際舞台で変貌した韓国の姿を確認することができた。

 また、危機が深刻であるほど、対外貿易に門戸を閉ざす保護貿易主義ではなく、自由貿易を拡大し、経済が好循環するようにすべきで、開発途上国の自力努力を助ける方向で先進国が積極的に支援に乗り出すべきだと強調した。参加国首脳全員から大きな共感を得て、合意文に反映させる結果となった。

 李大統領の今回の外遊は、東北アジア地域の均衡と経済的利益を追求する一方、国際舞台で韓国の存在感を示したといえよう。

(対外経済政策研究院先任研究委員)

(2011.11.16 民団新聞)

| 評論 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/389-2ab53380

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。