天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「安全保障の観点」からの検討が必要。李大統領、ロシアの北朝鮮経由で韓国に送るパイプラインの敷設計画について【政治GGJK】

北朝鮮は「脅威」 米韓首脳核放棄迫る
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20111014-849646.html
 韓国の李明博大統領は13日、オバマ米大統領との首脳会談後にホワイトハウスで共同記者会見し、北朝鮮の核開発は「世界の平和と安全保障への深刻な脅威だ」との認識で一致したと言明。オバマ氏も、北朝鮮が米韓両国にとって「依然として直接の脅威だ」と述べ、核放棄を強く迫った。

 オバマ氏は「独裁政権がいつ崩壊するかは誰にも分からない。世界中の人々が自由を求めており、北朝鮮の人々も例外ではない」と指摘。名指しは避けたものの金正日総書記体制を非難した。

 李大統領は米韓が今後も一貫した原則を堅持し、北朝鮮の非核化に向け「共同の努力」を続けると強調。その後の米議会での演説でも「平和を維持し、挑発を行わないという決断と意思」を自ら持たない限り、北朝鮮に発展はないとして、変化を促した。

 一方、韓国政府は首脳会談後、両首脳が米韓同盟を「米国にとって太平洋地域の安全保障の礎石」と規定し、同盟の深化・発展を確認したと発表した。

 記者会見では、米議会が可決した米韓自由貿易協定(FTA)批准法案について、オバマ大統領が「近く署名する」と表明。李大統領も「韓国国会がすぐに(批准同意案を)通過させると信じる」と語り、与野党に協力を促した。

 李大統領は、ロシアが天然ガス10 件を北朝鮮経由で韓国に送るパイプラインの敷設計画について「安全保障の観点」からの検討が必要と述べ、実現には「時間がかかる」と慎重な姿勢を示した。(共同)

 [2011年10月14日10時20分]




| 天然ガスニュース | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/319-1bb96da3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。