天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

省エネセンター、関西・九州に節電目標-12月実施へ設定【電力不足詐欺GGH】

掲載日 2011年10月14日 10時07分
http://www.nikkan.co.jp/dennavi/news/nkx0820111014qtya.html
 省エネルギーセンターは大規模な停電を回避するため、電力供給不足が懸念される関西と九州を対象に今冬の節電行動計画の策定に入った。関西電力と九州電力管内の冬期(2010年12―11年3月)の1時間ごとの平均需要パターンデータ提供を受けて策定する。10月下旬には節電行動計画をとりまとめ、枝野幸男経済産業相の了解を得た後、11月上旬には発表する。策定した節電行動計画は12月から実施する。






 冬の節電行動計画は夏場の対策に沿ったものとなる。関電と九電向けのパターンと全国向けの2種類を準備する予定。東京電力管内向けに策定した夏の節電行動計画に官民挙げて取り組んだ結果、今夏の最大電力供給量(14時時点)は記録的猛暑の昨年に比べ約23%減を実現している。ただ、関電は冬場の電力供給力と最大電力供給量データを公表していないことから、協力を得ながらの策定となる。関西電力管内で10%の、九州電力管内では5%の節電行動を呼びかける模様だ。
 冬は夏と違い、電力需要のピークが朝と夕方以降の一日に2回ある。節電のポイントは「電気の使用量を減らすカット、使用時間をずらすシフト、石油から天然ガスに燃料を転換するチェンジが基本」(判治洋一省エネルギーセンター産業省エネ推進・技術本部長)という。
 停電回避には電力使用量のピーク時間帯を避けたり、休日出勤を増やすなどのピークシフトが有効で、工場の操業時間や操業日の短縮、休日出勤のほか、「オフィスではデータセンターの冷房での空調はやめて外気を取り入れることなど細かな説明をしたい」(同)としている。


| 天然ガスニュース | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/318-6d08d55f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。