天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

上越火力発電所に初の燃料船 年内にも発電試運転 【中部電力】【天然ガスGGJ】

10月09日(日)
http://www.shinmai.co.jp/news/20111009/KT111008BSI090001000.html
 新潟県上越市に建設中の中部電力上越火力発電所に8日、燃料の液化天然ガス(LNG)を積載するタンカーが初めて入港した。同発電所は、4基ある発電ユニットのうち一つで11月にタービンを回し、予定を1カ月前倒しして年内には発電の試運転を開始。来年7月に営業運転開始を見込んでいる。






 この日はインドネシア・西パプア州からタングー・バトゥール号(全長約285メートル、タンク容量14万5700立方メートル)が運んだLNG約13万7000立方メートルの受け入れを開始。通常一昼夜で搬入可能だが、初回のため1週間掛けてゆっくりとタンクへ移すという。

 同発電所は、長野県内の電力安定供給などが目的で、2014年5月の完成を予定。最大出力は238万キロワットで、長野県内のピーク時の電力の約8割を賄えるという。

 水野明久・中電社長は「この冬はあくまで試運転。供給源としては来年夏から期待したい」と述べ、営業運転の繰り上げはしない考えを示した。

 また、この日は、1996年着工し、発電所予定地の埋め立てや防波堤の整備を進めた直江津港エネルギー港湾整備事業の完成・利用開始記念式典があり、長野県内からは長野・上田両商工会議所関係者が出席した。


まず1基を11月に試運転 中電・上越火力を公開

2011年10月8日
設置が完了し、試運転の準備が進む1号系列1号機の蒸気タービン=新潟県上越市で
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/denryoku/list/201110/CK2011100802000098.html
 中部電力は7日、新潟県上越市で建設中の上越火力発電所を報道関係者に公開した。発電設備4基のうち1基は、来年7月の運転開始に向けて来月から試運転に入り、早ければ年内にも発電をしながら正常に稼働するかを確認する作業に移る。中電は「試運転段階で発電量を確実に見込むのは難しい」として、今冬の供給力には含めていないが、多少の上積み効果は期待できそうだ。

 1号系列と2号系列で2基ずつ建設する計画。出力は各59・5万キロワットで4基の合計は238万キロワット。来年7月以降、1基ずつ運転を始め、2014年5月に全基を稼働させる予定。

 最初に運転開始する1号系列1号機は、発電機やタービンなど主要設備の組み立てがほぼ完了した。同系列2号機や2号系列1号機も組み立てが進み、全体で1500人が作業に当たっている。

 一方、燃料の液化天然ガス(LNG)を貯蔵するタンクは3基中1基が完成した。8日にはLNGを積んだタンカーが初めて来航する予定で、1号系列1号機の運転に向けた準備が本格化する。

 中電にとって上越火力発電所は、電力供給区域外の日本海側に設置する初の火力発電所で、長野県など内陸部への電力供給の安定性を高める狙いがある。また、既存の火力より発電効率が高いため、燃料消費や二酸化炭素(CO2)排出量を減らすことにもつながる。

 現在は発電出力が高い火力や原発はすべて太平洋側にあるため、送電が長距離にわたる内陸部では電力ロスが大きくなる。上越火力4基の出力は中電の発電設備全体の7%に相当。完成すれば、日本海側からも送電できるため、効率的に供給できる。

 年間発電電力量は、長野県内の消費電力の8割に相当する約145億キロワット時を見込み、約60キロ離れた新北信変電所(長野市)に送電する。

 発電方式は、LNGを燃料にガスタービンと蒸気タービンを組み合わせて発電機を回す最新鋭の「コンバインドサイクル方式」を採用。発電効率の低い旧式火力の運転を減らすことで、年間でLNG消費量を60万トン、CO2排出量を160万トンそれぞれ削減できると試算する。

 一方、浜岡原発(静岡県御前崎市)と比較すると、4基の出力は浜岡の3、4号機の合計に匹敵する。中電は「エネルギー資源に乏しい日本にとって、原子力は欠かすことのできない電源」とすみ分けを強調するが、原発への社会不安が解消されなければ、最新鋭火力の新設が浜岡原発の再開論議にも影響を与えそうだ。 (大森準)



中部電の上越火力、12月試運転 電力安定の切り札に
http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819496E2E5E2E0E18DE2E5E3E2E0E2E3E39EEBE3E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E4
2011/10/8 6:08

 中部電力は7日、新潟県上越市で建設中の上越火力発電所を報道陣に公開した。中部電にとって約21年ぶりに新設する、11番目の火力発電所だ。来年7月の一部営業運転を前に、12月にも試験運転での発電が始まる。電力供給面で来夏は強力な戦力となるほか、余力十分といえない今冬の供給も非公式ながら支えることになる。

 日本海の埋め立て地にある上越火力発電所。高さ150メートルの煙突と液化天然ガス(LNG)を貯蔵する大型タンク、発電設備が入る建屋が立ち並ぶ。建屋には2系列の4つの発電設備が並ぶ設計で、来年7月に営業運転を始める1号系列の1号機(1―1号機)はほぼ完成。8日にはLNG運搬船が専用桟橋に初めて着岸、燃料を得て運転準備は大詰めを迎える。

 4つの発電設備は14年5月までに順次運転を始める。総出力は238万キロワットと中部電の火力発電所では5番目の規模だ。他の火力が伊勢湾岸に集中するのに対し、初めて日本海側に立地する。

■リスク分散狙う

 「長野県への電力安定供給と温暖化対策、それとリスク分散。これが建設の狙いだ」と、中部電の現地担当者は話す。

 上越火力が完成すれば長野県の電力需要の8割を効率的に賄える。日本海側にあるため、太平洋側の地震で伊勢湾岸の設備が被災した場合の備えにもなる。また、熱効率(投入燃料あたりの発電量)は58%と旧式のLNG火力よりも20ポイント程度も高い。フル稼働すれば二酸化炭素(CO2)を大幅に削減できる。

 さらに上越火力は今冬の「陰の戦力」になり得る。浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の停止で電力の供給余力が乏しい状況にあるためだ。発電所の中央制御室内には「目指せ 一歩前に進んだ試運転。供給力確保で期待に応えよう」との標語が掲げられる。

 1―1号機の営業運転は来夏だが、実は11月に試験運転を始め12月にも発電を始める。試験運転なので供給の正規の戦力には計上できないが、発電すれば長野県の家庭などに電気は供給される。

 中部電が4日発表した冬の需給計画では、予想最大電力需要に対する予備の供給力(予備率)は7%前後と、安定供給に必要とされる8%に届いていない。だが上越1―1号機が試験運転中に仮にフル稼働(59万5千キロワット)すれば、単純計算で予備率を3%近く押し上げる効果がある。

■単独開発に転換

 上越火力は1990年代の当初計画では、1~3号系列を東北電力と共同で開発・運営し、1号系列は07年に運転する予定だった。2000年代に入り電力自由化と景気低迷で経営環境が急変し、中部電は02年に計画を5年間延期し、1~2号系列を単独開発する方針に転換した経緯がある。

 浜岡原発は少なくとも来年中の再稼働は困難とみられ、電力需給は予断を許さない。今年夏は自動車メーカーなどが稼働日を調整して協力したが、来年夏もここまでの協力を得られるかは不透明。こうした状況下で一度は持て余した上越火力に注目が集まる。

 12年夏になれば1―1号機は正式に供給の戦力に加わり、13年1月に営業運転を始める1―2号機(出力59万5千キロワット)も12年夏に試験運転に入るとみられる。建設工事と運転開始準備が混在するため順調に進むとは限らないが、需給安定の切り札として期待感はいやが上にも増している。

| 天然ガスニュース | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/296-f5ae181d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。