天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

住友商事、シェールガス・オイルの開発拡大を受けて米国の鋼管事業を強化【天然ガスGGJ】

 住友商事は、地中の岩盤層から取り出すシェールガス・オイルと呼ぶ新たな天然ガス・原油開発が北米で拡大していることを受け、米国のシームレス(継ぎ目なし)鋼管製造会社に出資し、米国の鋼管事業を強化する。フランスの鋼管大手、バローレックから、小径のシームレス鋼管製造会社、V&M TWO(V&M2)の持ち分19.47%を取得した。残りの80.53%はバローレックが保有する。
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20111012/108742/






 V&M2は、シェールガス・オイル開発の広がりに伴い、天然ガス・原油を輸送する小径のシームレス油井管の需要が伸びていることに対応。油井管の需要地になっている開発地区、マーセラス・シェール・フィールドに近いオハイオ州に製造工場を建設している。工場は2012年上期に操業を始め、同年下期に本格稼働する。本格稼働した時の生産能力は年間35万tとなる。

 工場は、住友商事がバローレックと2002年に買収して19.47%を出資しているシームレス鋼管製造会社、V&Mスター(VMS)の隣接地に造る。将来はV&M2とVMSの事業統合を予定し、統合によって経営効率を高め、鋼管事業の一層の成長を目指す。住友商事はV&M2への出資を通じて米国でのシームレス鋼管事業を強化するとともに、バローレックとの提携関係を強める。

 シェールガスは、油やガスの基になる有機物に富んだたい積岩、シェール(けつ岩)層に閉じ込められて貯まっている天然ガス。シェールオイルは、シェール層に含まれる原油を指す。岩盤層の内部にあるため開発が難しかったが、技術革新で可能になり、生産が加速した。住友商事もマーセラス・シェール・フィールドの開発プロジェクトに参画している。(日経BP環境経営フォーラム)


| 天然ガスニュース | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/281-b2c8c1b0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。