天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

原発ぶらぶら病が子供に襲いかかる【被曝EE】 【YY】

被曝数値からは想定できない恐ろしいことが、いま子供に起きているようです。
あまりにも恐ろしいので、手が震えています。

「原発50キロ福島・郡山の子どもが大量の鼻血・下痢・倦怠感」(東京新聞6.16) 
http://livedoor.2.blogimg.jp/bookkeepingworld/imgs/d/8/d8c868fc.jpg



こういうことになる原因は、
1)内部被曝は、精密検査をして計算、推定するしか方法はないが、場合によっては、外部被曝の10倍以上もありえる。それが評価外、想定外になっている。

2)ぶらぶら病は、臨床的な数字やデータになりにくいので、統計から除外され、精神的な問題が原因とされている。

3)放射線の被害については、あまりにも我々の知識が少なすぎる。よく分からないことが多すぎる。

4)もしも、被害が想定よりも大きければ、真っ先に子供から被害者が出るであろう。

東京新聞は、他の新聞と袂を分かち、真実を追及することに目覚めたようです。

もう、子供たちから犠牲者が出始めたようです。どうしたらいいのか。

ぶらぶら病は、被曝した原発労働者にでる倦怠感や病弱などの症状です。検索してみてください。

ぶらぶら病は、慢性被害と言われており、一生治らない可能性さえあります。


| 脱原発日記 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/249-7fc22e9a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。