天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エネ政策:原発見直し議論、意見集約は前途多難【エネルギー問題GG】

 経済産業相の諮問機関「総合資源エネルギー調査会」の基本問題委員会が3日、「エネルギー基本計画」の見直し議論に着手した。東京電力福島第1原発事故を受け、「脱原発依存」に向けた再生可能エネルギーの技術開発・普及策や化石燃料の確保、高コスト構造が指摘される電力制度の見直しなどが焦点になる。原子力に批判的なメンバーも入り、従来よりも多様な意見を反映することにした。それだけに「安全で安価、安定、クリーン」な電源構成を実現するための意見集約は難航も予想される。






 「妥協点を探るといった発想ではなく、しっかりした事実関係や根拠の確認をしていただく」。枝野幸男経産相は会議の冒頭で強調した。政策見直しの最大の焦点となる原発を巡っては、「脱原発」から「原発維持」まで幅広い委員が参加する。電源コストや再生エネの普及見通しなどを巡る議論が白熱しそうで、安易な「妥協」は困難との見方を示したものだ。

 実際、この日の会議では「いったん事故が起こればとてつもない被害が起きて、国民を苦しめることを自覚して政策転換をすべきだ」「再生可能エネルギー、省エネルギーを中心に電源構成を考え、原子力についてはゼロにすべきではないか」など、脱原発を目指すべきだとする意見が相次ぐ一方、「経験と教訓を生かして科学技術力を駆使し、原発の安全性を高めるのが日本の役割ではないか」などの意見も出された。

 原発の代替エネルギーとして、最も期待されるのが太陽光発電などの再生エネだ。環境への負荷が少なく、資源枯渇の懸念も少ない。政府は再生エネの全量買い取りを電力会社に義務づける固定価格買い取り制度を来年7月から開始するなど、再生エネの普及拡大を目指す方針だ。

 しかし、再生エネは発電コストの高さや発電量が天候に左右されやすいなどの課題がある。再生エネが主力電源となるには「技術的なブレークスルーが必要」(資源エネルギー庁幹部)とされる。原発のように一定出力での長期運転が難しく、「基幹電源ではなく、補助的な位置づけにしかならない」(同)との指摘もある。

 一方で、従来の原発向け補助金を再生エネにつぎ込めば、市場拡大や技術開発とともにコスト高や出力不安定の問題も解決するとの期待感も高い。

 いずれにしろ、すぐに再生エネが主力電源になる可能性は少なく、「化石燃料に頼りながら徐々に原発比率を下げるしかない」(経産省幹部)との考えが主流だ。ただ、主力の液化天然ガス(LNG)は新興国の需要増などで値上がり圧力が強まるほか、「調達先の確保そのものが難しくなる可能性もある」(電力関係者)。さらに、化石燃料は二酸化炭素を発生させるため、地球温暖化問題との兼ね合いも避けられない。

 また、発送電分離など電力システム改革も課題となる。エネ庁は「電力改革は別途の場を作って議論する」としてテーマとしない方針だが、東日本大震災後の東電の電力不足の背景には、西日本から電力融通を受けにくい送電システムなどの問題も指摘された。

 大手電力による地域独占が続き、電力会社間の融通能力が拡大しなかったことが背景にあり、電力の安定供給には制度改革論議が不可欠だ。電気料金の値上げを抑えるため、送電網設備を電力大手から分離して発電事業者の競争環境を高める「発送電分離」や、日本卸電力取引所の活性化など、新規参入を促し競争市場を生み出す方策も話題になるとみられる。【野原大輔】

毎日新聞 2011年10月3日 23時47分


| ニュース | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/229-a26487f9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。