天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

たいした事故じゃない。【原発安全神話DDD】

小さなことを大騒ぎするから、マスコミ報道は困ります。原発の原理を良く知って、安心してください。原発は、5重の壁を築いて危険な放射能が外に漏れ出さないようになってます。
つまり、万が一にも危険な放射能漏れはない。原理的にありえないのです。不安を煽るよからぬ人がいますが、だまされてはいけません。彼らは、良く学習していない無知な人、または、政治的な思惑のあるテロリストです。原発のことを良く知れば、不安などなくなるでしょう。
5重の壁のことを良く学習して安心しましょう。



============ここから東京電力のHPより引用

五重の壁
(ごじゅうのかべ)

原子力発電所から放射性物質を逃がさないようにいろいろな対策があります。有名なのが原子炉をすっぽりつつんだ五重の壁です。
第1の壁はペレット。
第2はペレットを密封した燃料棒(被覆管ひふくかん)。
第3は原子炉圧力容器。
第4は原子炉格納容器。
第5が一番外側の建物の壁。この五つを「五重の壁」といいます。

第1の壁のペレットは、
ウラン燃料を陶磁器(とうじき)のように固くやきかためたもので、大部分の放射性物質はこの中に閉じこめられています。

第2の燃料棒は、
ジルコニウムという特殊な合金製の管で、ペレットの外へもれた気体の放射性物質を外へ出さないようにしています。

第3は厚さ16センチメートルある低合金製の圧力容器です。
燃料棒からのほんのわずかな放射性物質も、もらさないようになっています。

第4の格納容器は
厚さ約38ミリの鋼鉄製の巨大な容器で、おもな原子炉の機器を包みこんでいます。

最後の壁が
原子炉の建物です。建物全体が厚さ1メートル以上のがんじょうなコンクリートの壁でできています。
http://www.tepco.co.jp/corp-com/elect-dict/file/go_002-j.html
================引用終わり





という宣伝を東電は、事故前まで散々していました。HPの記述は削除されています。

 私たち反原発派の言うことなど聞く耳を持っていませんでした。私は、東電、核燃料事業団、通産省、などに話し合いに行ったことがありますが、ほとんど上記のようなお話しか聞かされませんでした。無知や馬鹿者扱いならまだいいほうで、ひどい時は、テロリスト扱いされました。警察に付きまとわれ、脅されたこともあります。

実際には、反原発に立ち上がった人たちは、実に良く勉強していて、裁判にまで訴えて、原発を止めようと努力してきました。
裁判に訴えるというのは、実に手間と暇と金のかかる作業です。しかし、裁判の中で責任者に出てきてもらい、安全か危険か責任のある言辞を取りたいという思いがあったわけです。安全か危険かの科学論争ならば、絶対負けない、原発は危険すぎるという確信があったから、裁判していたのです。(実際に、原発差し止め裁判で、大津波は、想定外でありあえない、想定の必要なしと言い放っています。)

あと、ふるさとを守るため。農業や漁業を守るために反対運動をしていた方もたくさんいます。

いま、事故は起きてしまって、取り返しのつかない出来事ですが、反原発に熱心に取り組んできた人たちの話を、いまなら、良く聞いてくれるのではないかと期待しています。まだ、デマ、テロリストという偏見はあるようですが。

| 脱原発日記 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/210-50aa6abf

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。