天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

シェールガス革命【シェールガス革命GGJJ】

今まで、技術的採算的に採掘不可能だったシェールガスが採掘可能になり、アメリカでは商業的に実用化しています。今は、アメリカだけが技術を持っていますが、世界中で調査と試掘が始まろうとしています。

アメリカでは、これによって、埋蔵量は倍増し、天然ガスの輸入国から輸出国になろうとしています。電気料金も原油値上がりがあっても下降すると予測されています。





米国エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の最新の年次報告書AEO(Annual Energy Outlook2011)の初回リリース版によると、米国の天然ガス技術的可採埋蔵量は昨年の見積もりから倍増し、353000bcfから 827000bcfになったという。
この量は米国のガス消費量の36年分に相当する。

(中略)

EIAでは中心的なレファレンスケースにおいて、平均ガス価格は2022年まで$5以下に抑えられるとしている。そして、電気代は2009年の9.8セント/kWhから2016年には8.9セント/kWhまで下落し、2035年においても9.2セントとしている。

その結果、水力を含む再生可能エネルギーは2009年の11%から2035年は14%までしか上昇しない。

(中略)

石油価格に関しては、2035年までに$125(2009年価値で)まで上昇するとしている。
石油消費量は2035年までほぼ同水準で推移すると予測されている。

US doubles estimates for gas reserves
http://www.ft.com/cms/s/0/7d163878-0944-11e0-ada6-00144feabdc0.html#axzz18K6peM1r
By Ed Crooks in Washington
Published: December 16 2010 19:27 | Last updated: December 16 2010 19:27
US recoverable reserves of natural gas are much larger than previously estimated, the government’s Energy Information Administration has said, suggesting higher production can be sustained at lower prices than it expected a year ago.

In the first release from its Annual Energy Outlook for 2011, the EIA more than doubled its central estimate of the country’s technically recoverable reserves of shale gas, from 353,000bn cubic feet to 827,000bn cubic feet.


The estimate would be enough to cover the entire gas consumption of the US for 36 years.

| 脱原発日記 | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/206-ca96a208

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。