天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東電の嘘と隠蔽【電力不足詐欺GGH】

 調べれば調べるほど、
東電の嘘と隠蔽が見えてくる。私は電力系統保護が専門だったので、データさえあれば、今夏の需給状況を簡単に計算できるが(誰でもできると思うが)、そのデータがきちんと開示されていない。いないどころか、東電のHPから削除されているというではないか。さらに、秘密文書の存在まで暴露され、嘘と隠蔽は決定的だと思う。




 今夏の電力不足に備えて、
各企業は節電余儀なくされている。国民もどうやって節電しようかといろいろ考え、努力を惜しむつもりはない。国家の非常時である。原発事故の責任追及をしている場合ではない。そのことは一時置いて、国民と企業が一体となって、この難局を乗り切ろうと知恵を出し合い、努力も惜しまないつもりなのに、当の東電が、嘘と隠蔽で責任逃れをしようとしているのには、あきれるばかりで、怒り心頭。冷静さを失ってしまい、バカヤローと叫びたいほどだ。

私が怒り心頭に達しているその理由を以下に述べる

1)重要なデータを開示しないどころか、削除した。
東電、発電実績データを密かにHPから削除
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110417-00000301-alterna-soci
削除されたページを捜し当てた人がいる。それを見ると、今夏の供給力不足を計算するのに重要なデータなのである。特に、他社受電分を含んだデータなので、東電しか持っていない貴重なデータである。

2)極秘文書を作って、国民に知らせない。
国民を愚弄するにもほどがある。国民と企業が一体となって、節電の努力をしようとしているのに、目標となる節電目標を計算するデータが極秘文章なのである。すべてのデータを開示し、一体となって努力しようという姿勢がまったくないようである。

 この極秘文書は、暴露された。
節電量を計算するための最も重要な核心となるデータを集めた文書らしい。その中で揚水発電が供給力の計算に入っていなかったようである。東電は、揚水発電の出力は確かなものでないので省いたといっているが、本当なのか。ゼロとして計算した数字だけが表に出て、内部では、極秘資料の数字として記載されている野は、供給力隠しではないのか。夜間に火力発電で水をくみ上げるのをケチっているのではないかという疑いをもたれても致し方ないであろう。

 揚水発電の現実的な供給力はどれほどなのか。
設備だけを見れば、東電と電源開発、さらに東北電力分まで足せば、かなりの数字になる。節電は必要ないという計算さえ成り立つ数字なのだ。極秘文書が暴露されたのだから、この点について、きちんとした説明をするべきであろう。


3)今夏、もしも、
需用電力が供給電力を一瞬でも上回れば、大規模な停電が起こると、政府も言うし、この間の東電社長も言っていた。あきれた。大規模停電など起こりえないからだ。国民を脅して節電させようとしているのか。節電させて、火力発電の燃料を節約しようとしているのか。この件は、以前に日記に詳しく書いた。

予期せぬ大規模停電は、絶対に起こらない。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1702447911&owner_id=751707
大規模停電を起こすためにはどうしたらいいか
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1702461026&owner_id=751707

 もしも、大停電が起これば、
電力系統保護システムの敗北ではないか。世界でもっとも停電時間の少ない電力系統を維持してきた東電の電力保護システムによる停電区間最小化が泣くよ。私はこの辺が専門なので、断言できるが、大停電は起こらないのである。

 需要のほうが大きくなっても
供給予備がなければ、UFRで需要を不足分だけ切り離せばいいのである。または、手動で需要を切り離せばいい。簡単なことではないか。切り離された区域は停電になるが、それは供給力が足りないための仕方ない停電であり、小さな停電になるだろうから、決して、大停電ではない。
 大停電が起きるメカニズムはわかっている。
過去、世界中で大停電があったが、カスケーディングで起こっている。カスケーディングとは、需要と供給が大きく崩れたときに起きる連鎖的な発電所や変電所の系統離脱現象。カスケーディングを防ぐのは実は簡単であって、供給不足分の需要を切り離して、需給のバランスを回復すればいいのである。その備えは十分である。

 国民が無知だと思って、
その無知に付け込んで大停電で脅すとは、どういうことだ。国民は東電と比べれば、無知でも馬鹿でもない。東電の傲慢と嘘と隠蔽体質は、お見通しだ。見え透いた嘘をつくな。

| 脱原発日記 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/200-f3520c10

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。