天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

□【Q&A】原発をなくすとCO2削減ができません。この点が心配です。

1【質問】
原発はCO2削減になくてはならないものです。原発をなくすとCO2削減ができません。この点が心配です。




2【答え】
原発推進=CO2削減というのは詐欺です。

発電によるCO2排出量は日本の30%あとは鉄鋼や自動車が主な排出源となっています。

原発推進派でさえ原発で減らせるCO2は十数%(東電清水元社長は原発のCO2削減効果を13%と言っています)。

例によって日本にわずかしかない石油火力との比較なので、天然ガス火力と比較すれば3~7%です。石炭火力については、石油火力よりCO2排出量は多いようです。

現状は、日本の火力は石炭:4割強、天然ガス:4割強、石油:1割強くらいです。 ですから、原発のCO2削減と言うのは、大雑把に言って、多めに見積もっても、約10%でしかない。

しかし、CO2温暖化説では2050年までに1990年比で50%~70%のCO2を減らせなければ温暖化は止められないというのが通説です。

1990年比50%を現在比で考えると60%くらい。
原発で10%減らして残りの50%はどうするのかという話。

これをネット上で原発擁護している人は知らないんです。木を見て森を見ずの議論が横行しています。または、原発擁護の「ため」の詭弁がまかり通っています。

CO2減らそうと思ったらドイツの様にCCS(CO2貯蔵技術)を進めた方が遥かにいいです。

鉄鋼にも応用できますし。
自動車は燃料電池を進めるしかないです。

どちらも今からじゃ間に合わないという批判はありますが...。

3【ソース】
捜索中

4【コメントや補足説明】
そもそも、CO2削減など必要ないという意見もあります

| Q&A | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/2-4954b6d2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。