天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

川魚の安全性は?生態濃縮は1万倍【放射能汚染EEF】【YYYY】

淡水魚

淡水系では、生態濃縮で濃度が約1万倍のなると言うデータがあります。上図。(海では、約50倍)。
川魚は、安全なんでしょうか?なぜその話がないのでしょうか?
川の汚染は徐々に海に流れますが、湖や沼などはなかなか汚染が減らず、むしろ、周りから汚染物が流れ込んできて、汚染が進む可能性さえあります。




すべてが汚染されてしまった。悲しい現実を直視して、責任者は、もっと頭を働かせてください。

>水からは放射性物質が検出されていないため、川底の汚染が大気中などに拡散する可能性は低い」と話している。

と、記事にありますが、頭が悪すぎます。そういうくだらないことしか思い浮かばない(被曝モデルがない)から、国民の心配は大きくなるのです。水俣病の時はどうだったんですか?


=======================ここから引用
<放射性物質>川底の砂からセシウム…最高3万ベクレル

(毎日新聞 - 06月03日 23:41)

毎日新聞

 環境省は3日、福島県浜通りと中通りの警戒区域外にある23河川(29地点)で実施した、放射性物質濃度の測定結果を発表した。全地点で水からは検出されなかったが、川底の砂からは全地点で放射性セシウムが検出され、最高値は1キログラムあたり3万ベクレルだった。同省は「対策は政府内で検討中だ」としている。

 ◇福島の23河川…環境省測定

 調査は5月下旬、国土交通省と共同で実施。川底の砂に含まれる放射性セシウムは、セシウム134が1キログラムあたり1万4000~48ベクレル、セシウム137が1万6000~51ベクレルで、最も高い南相馬市の新田川・木戸内橋の放射性物質の濃度は計3万ベクレルとなった。

 環境省によると、下水処理後の汚泥などには放射能に関する基準があり、1キログラムあたり10万ベクレル以下なら、漏出防止策を取った処分場の敷地内に仮置きして差し支えないとされる。調査地点はいずれも上水道用の水源ではなく、同省は「川底の汚染は周囲の土壌と同じレベルとみられる。水からは放射性物質が検出されていないため、川底の汚染が大気中などに拡散する可能性は低い」と話している。【江口一】

| 脱原発日記 | 07:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/193-5a231c11

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。