天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

いま、東京でも危ない、子供が危ない【被曝EE】

 いま、東京でも危ない。証拠の動画があります。
 杉並区の建物の屋上でガイガーカウンターで調べた人がいます。すごいです。危険です。地面にある死の灰(放射性物質)を舞い上がらせ、吸い込んだら危険です。




放射能はどこにあるのか?
いま、一番溜まっているところは、地面の上だよ。
死の灰が大量に降り注いで、地面に溜まっている。人や車の通らない所でビルの屋上などで、計れば良く分かる。

一番怖いのは、
空中線量だけで危険安全を論じる事==外部被曝だけで論じる安全論が横行している事。または、内部被曝の推定を実態とはかけ離れた状況設定をして過小評価すること。実態に合わせて推定すべき。

その実態とは、
死の灰は、地面にあり、蓄積しており、いままでずいぶん降っていて、今日もたくさん降って、それを舞い上がらせて、背の低い子供が吸い込む事。汚染状況は、日に日に悪くなっていると思います。蓄積量は増え続けていると推測されます。

ああ、まともな評価をする人が誰もいない。
ああ、まともな評価をする人が誰もいない。
私だってできない。ただ、お役人が評価がしているのは、実態とかけ離れた評価方法だということだけは、断言できる。まともな人、研究者に実態に合わせた評価をしてもらいたい。

とにかく危険かもしれないから子供が外で遊ぶのは止めた方がいい。としか言えない。
現在、最も心配なのは、ヨウ素131による内部被曝。子供が将来、甲状腺癌になり、一生、後遺症と転移の恐怖とともに暮らす事に。チェルノブイリ級の汚染なら、数千~数万単位の被害者が出る。

ヨウ素131は、一年ぐらいで消えるので今が一番大事な時期です。

4/7 屋上の放射線量(YOUTUBE動画)
http://youtu.be/AUMib19gT_Y

東京都杉並区の屋上でのガイガーカウンターの測定状況。死の灰が地表面に溜まっているのが良く分かります。

再アップありました。
http://www.youtube.com/watch?v=8rGiHdmsfUI

| 脱原発日記 | 08:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/127-92e7f475

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。