天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

浜岡原発を止める無責任と止めない無責任【電力不足詐欺GGH】【中部電力】

浜岡原発を止めたら、停電する!無責任だ!となじる人がいます。そういう人は

例 外 な く

何も調べていない無知な人です。
調べもしない、考えもしない、知りもしない、心配もしない

無責任な人です。


中部電力のデータをちょっと調べれば分かりきったこと。
原発を止めても電力は足りている。




2009年

中部電力の設備
火力   2,390万kW
水力     521万kW
--------------------------
小計   2,911万kW

原子力   350万kW
--------------------------
合計 3,263万kW

中部電力、最大電力は、
2006年  2,697万kW
2007年  2,797万kW
2008年  2,821万kW
2009年  2,433万kW

ゆえに。
火力+水力(2,911万kW)>最大需要2008年(2,821万KW)

予備率 3.1%

予備率が3,1%もあれば大丈夫。


極端な酷暑で、際限なくエアコンを使えば、需要が過去最高を上回る可能性があるので節電が必要かもしれないが、そうでなければ、同じぐらいに使えば、問題ない。特に節電は必要ないということです。


沖縄電力は、原発がない。中部電力もこれを機会に原発なしでやればいいじゃない。

蛇足で言えば、
国家天下、エネルギーの世界情勢やCO2削減、地球温暖化を論じて、原発の必要性を説く人も物事を良く考えないで調べもしないで話をする無責任な人です。ただ、なんとなく言っているだけの頭の悪い無責任な人。

追記:最大供給電力は、単純な設備容量の合計で良いのかと言う疑問が出ました。
単純な足し算でいいのです。
水力は、夏のピークに合わせて水を貯めます。
揚水は、昼のピークにあわせて夜、水をくみ上げます
火力は、夏のピークに合わせて、定期点検を終えます
すべての発電所は、ピークに合わせて、総動員できるように運用するのです。
(風力、太陽光はそれができませんが、中部電力はなきに等しいので無視してます)

データは中部電力のHPからです
最大電力http://www.chuden.co.jp/corporate/publicity/datalist/juyo/dat_maximum/index.html
設備容量http://www.chuden.co.jp/corporate/company/com_setsubi/index.html?cid=ul_me

| 脱原発日記 | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/123-0176ad97

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。