天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

菅首相:脱原発「私の考え」 与野党から異論で私的見解に

http://mainichi.jp/select/today/news/20110716k0000m010131000c.html
2011年7月15日 23時20分 毎日新聞

 菅直人首相は15日の衆院本会議で、「脱原発」社会を目指すとした13日の記者会見での発言に関し、「私の考え」と述べ、政府方針ではないとの認識を示した。首相が記者会見で表明した重要政策を、私的見解に後退させた形で、与野党幹部から「混乱を招く」などの批判が相次いだ。

 自民党の山本公一氏の質問に「私自身の考え方として、私としては原発に依存しない社会を目指すべきだとの考えに至った。将来は原発がなくてもやっていける社会を実現していくと私の考え方を申し上げた」と、「私」を繰り返しながら答えた。

 首相答弁に対し野党側は「首相の言葉に私見はあり得ない」(自民党の山本一太参院政審会長)と反発。自民党の逢沢一郎国対委員長は「首相の発言は、内閣全体の方針でなくてはならない。政権の体をなしていないと自ら露呈した」と、公明党の井上義久幹事長は「国民に無用な混乱を引き起こす」とそれぞれ会見で批判した。民主党の安住淳国対委員長も会見で「理想は理想として、現実のアクションプランは新体制で議論していただきたい」と突き放した。

 首相の「私的見解」発言の背景には、13日の会見後、「唐突」との批判が与野党から噴出したことがある。

 15日午前の閣僚懇談会でも、中野寛成国家公安委員長が「閣僚は(脱原発社会の)話を聞いたことがない。首相の真意について折に触れて説明していただきたい」と指摘。首相は「自分自身の決意を述べておく時期ではないかと考えた」と釈明したが、週明けに原子力政策について意見交換する閣僚会合を開くことになった。

 閣議後会見では、「首相が国民の将来について自らの思いを述べるのは当然」(北沢俊美防衛相)と首相を擁護する声もあったが、「短兵急に進める話ではない」(野田佳彦財務相)、「電力を多く消費する分野は競争力を失う」(与謝野馨経済財政担当相)と距離を置く発言が目立った。【西田進一郎】



私的な見解の何が悪いのだ!現状を認識しているのか?現状、日本のエネルギー政策は崩壊しているのだ。たとえば、政府民主党のエネルギー政策は、下記にあるとおりだが崩壊している。

民主党は、政権につくと10年6月に「エネルギー基本計画」を改定。「2030年までに、少なくとも14基以上の原子力発電所の新増設を行うとともに、設備利用率約90%(08年度は約60%)を目指していく」と自公政権時の計画を上回る目標を定めました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-03/2011040305_01_1.html




自民党の原子力政策ももちろん原発推進増設ですが、これも、福島原発事故で、絵に描いた餅でしょう。崩壊しています。公式には、原発現状維持、長期計画は白紙と言うことのようです。

ですから、菅首相の脱原発宣言というのは、この原子力政策崩壊と言う現実=白紙状態に対する一つの方向性を示したものです。これは、菅首相の強い願いです。決意でもあります。私的見解です。政府の統一見解ではありません。このことは明白です。

そういった中で、原発、あるいはエネルギー政策について、私自身の考え方を少し明確に申し上げたいと思います。(中略)
以上、私のこの原発及び原子力に関する基本的な考え方を申し上げましたが、(後略)
http://www.kantei.go.jp/jp/kan/statement/201107/13kaiken.html



 会見の中で何度も私的見解と言っている。マスコミは政府の見解であるかのごとく誤報し、首相個人の見解だと批判しているのです。

菅首相の脱原発宣言とは、
1)現在、政府民主党に、原子力政策はないので、その大枠(脱原発)を明らかにした。
2)これによって、なし崩しに官僚が独走するのを防いだ。
3)トップダウンの決定の理由は、首相と経産省の考えには大きな隔たりがあり、混乱を招いていたので、その混乱を収拾するためにはこれ以外の方法がなかった。

 官僚と言うものは、従来どおりの枠組みで勝手に動くものです。つまり、原発推進と保安院の安全保障という枠組みです。これを阻止するには、これしかなかったのだと思います。


 議論を尽くしていたら、危険な原発は従来どおり保安院の安全審査で再稼動してしまうのです。それでいいのでしょうか?民主党内の議論も十分ではない。閣僚の中にも異論がある。しかし、具体案の議論を尽くすのは、これからですし、細かい議論をしている間に、首相の考えと官僚の強行の隔たりは埋まりません。行政は混乱するばかりです。ここは、議論を飛び越えて、トップダウンの非常手段に訴えるしかなかったと思います。

 異論のある者は、堂々と異論を唱えればいいじゃないですか。原発推進の政策を堂々と訴えるべきです。原発推進と言わずにそれを隠して首相の批判ばかりする者は、隠れ原発推進派です。首相は、堂々とした議論を国民の前ですることを望んだのだと思います。

脱原発か、原発推進かと言う踏み絵を全国会議員に突きつけたのです。

脱原発を願う議員は、菅首相を理解し、ついて行くと思います。


| ニュース | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/113-5e656517

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。