天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

悪代官と越後屋【九州電力】【不埒な悪行三昧】

真部九電社長「原子力アウトになるかもしれない」

■佐賀新聞社の取材中 「やらせメール」指示発覚 2011年07月07日更新
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1977564.article.html
 「責任は免れない。原子力がアウトになるかもしれない」-。6日に表面化した九州電力の「やらせメール」問題は、真部利応社長に佐賀新聞社が単独インタビューしている間に国会で進展していった。社員の関与を把握した真部社長は、自らの責任と問題の重さに言及した。「地元理解」を第一に掲げ、玄海原発2、3号機の再開に向けた地道な説明を続けてきた九電。真部社長は「大マイナスです」と声を失った。 

 本社がインタビューをしていたさなかの午後4時過ぎ、真部社長に社員がメモを手渡した。「ちょっと」と足早に席を立った。約10分後に戻ると、6月26日の説明番組で関連会社などにメールでの参加を促したことについて「国会で問題になっているみたいです」と説明した。「事実だったら道義上問題。こんなことをやっても何も動かない」としながらも、「今、調べてますから」と慎重な姿勢を見せた。 

 約2時間のインタビューを終え、真部社長は退席。本社記者が九電の技術担当者に追加取材をしていた午後6時ごろ、再び真部社長が部屋に入ってきた。 

 真部社長は、自らの責任は免れないこと、原子力推進に大きな影響を及ぼす事案であることと認識していることを話し、ぐったりとした表情でソファに腰を下ろした。内部調査で社員の関与が分かり、進退問題について「すぐにはないが、いずれはそういう問題になってくる」と語った。 

 九電にとって玄海原発2、3号機の再開は、電力の安定供給に欠かせない。東京電力福島第一原発の事故以降、安全協定を結ぶ県や東松浦郡玄海町以外に、隣接する唐津市や長崎県松浦市など周辺自治体にも説明に出向き、「地元の理解が最優先」と繰り返してきた。4日には、玄海町の岸本英雄町長から再稼働に向けたゴーサインをもらったばかりだ。 

 安易な「やらせ」の呼びかけで、すべての信頼を失った九電。本社の富吉賢太郎編集局長が「あまりにも軽率で、浅はかな行動では」とぶつけると真部社長は「おっしゃる通り」とひと言。「今から古川知事に連絡します」と言い残し、部屋を後にした。



保安院=悪代官
電力会社=越後屋

やらせ住民説明会が長年行われていたのは動かしがたい事実です。

問題点を整理します。




1)やらせを指示したのは誰か?
(中部電力の暴露によって、保安院の一人が特定されています)
2)やらせ住民説明会は、不正か?
(説明する側が質問者を用意し、質問させているので明らかなやらせ。質問者の半数以上がやらせだったことも分かっており、住民説明会とは名ばかりの台本どおりのやらせ劇ですから、住民を欺いています)
3)なぜ、やらせが横行したか?
(電力会社と保安院の関係が癒着しており、不健全だったから)
4)保安院のやらせの直接関与はどの程度か?
(中部電力では直接、他の電力会社では、間接的ということになってます)

3)が一番重要な問題です。これは長年培われた構造的な癒着。これで、安全審査が適正に行われるはずはありません。

電力会社と保安院の関係は、

保安院=悪代官
電力会社=越後屋

保安院は、電力会社に原発運転の許可を出します。電力会社は、保安院の顔色を常にうかがっている立場です。

住民説明会には、保安院様が安全の説明のためにお越しになられるので、万全の準備を整えて、保安院様に不快な思いをさせてはならないのです。無礼な質問が住民から出てはいけないのです。

保安院の直接的な関与があってもなくても、あうんの呼吸で電力会社はやらせ住民説明会をセッティングしているのです。

こういう不健全な癒着の構造こそ大問題であり、解決すべき課題です。
この問題を掘り下げると、電力会社から、保安院への接待や現金の流れが出てくると予想します。

残念ながら、現実の世界には、水戸黄門様は、いません。

| 脱原発日記 | 02:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://keikakuteiden1.blog.fc2.com/tb.php/104-fc7077df

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。