天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

<< 2010-07- | ARCHIVE-SELECT | 2010-09- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

世界の資源地図を塗り替える「シェールガス革命」[後編]【シェールガス革命GJJ】

石油メジャーもガスを主力に
低炭素社会への架け橋となるか
2010年8月5日(木)公開
在来型ガス産出国の危機感

 刻々と進む「シェールガス革命」は、世界のエネルギー地図を塗り替え、ガス輸出国や石油メジャーのビジネススタイルや事業戦略を変えようとしている。

 シェールガスの生産量急増で危機感を強めているのは、ロシアを筆頭とした、在来型天然ガスの輸出国である。ロシアのほかには、アルジェリアやカタール、イランなどがそれに該当する。今年4月には、これらのガス輸出国11カ国が加盟するガス輸出国フォーラム(Gas Exporting Countries Forum:GECF)がアルジェリアで開催され、値下げ圧力が強まる天然ガスの価格問題についても議論されたが、有効な対応策は打ち出せなかった。石油と異なり天然ガスは、供給が過剰になったからすぐに生産を抑えるというような、生産調整が難しい。このためGECFは、石油業界におけるOPEC(石油輸出国機構)のような市場支配力を持つことができないのが現状だ。




>> 続きを読む

スポンサーサイト

| 評論 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。