天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ホンダの天然ガス自動車「シビックGX」に米国が注目

ガソリン価格が高騰し、天然ガス価格が安価なままで推移するならば、もっとも燃料費のかからない車は、天然ガス車になる。アメリがでは、天然ガスパイプラインのインフラが急速に整備されつつあり、天然ガス充填場所が整備されれば、一気に普及するだろう。ガソリン車と比べて、燃料費が早く半額になるのは大きな魅力である。


>> 続きを読む

スポンサーサイト

| 天然ガスニュース | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ドイツ自動車団体(VCD)の2012~2013年の環境対応車番付 もっともエコな車はボッシュの天然ガスシステムを搭載した自動車

天然ガス車の利点は、とにかく燃費がいいこと。欠点は、航続距離が短い(200キロ程度)こととガス充填場所が少ないこと。BI-FUELでこの2つの欠点が克服されます。プリウスのようなハイブリッドより車重も軽く、構造も簡単。普及すれば価格も下がるでしょう。アメリカでは、普通のガソリン車と比べて、半分以下の燃料費で済みそうです。シェールガス革命進行中のアメリカで天然ガス車の普及がどれだけ進むのか注目すべきです。


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 17:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天然ガスが恒久的に原発を代替できるこれだけの理由 ホルムズ海峡への依存はゼロに近づく

原発推進論の根拠に、エネルギーの安全保障問題(外国にエネルギーを依存しすぎるといざという時に困る)がありますが、天然ガスで原発を代替すれば、安全保障は向上します。


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

EU、ロシア産天然ガスの輸入拡大を期待

2011-12-02 14:02:19
http://japanese.cri.cn/881/2011/12/02/141s183730.htm
 ロシアを訪問中のEUのエッティンガー・エネルギー担当委員は1日にモスクワで、「EUは、今後10年間でロシア産天然ガスの輸入を、現在の年間1250億立方メートルから年間1500億立方メートルにまで拡大することを期待している」と発表しました。




>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

中電上越火力発電所 県内への供給開始

12月09日(金)
http://www.shinmai.co.jp/news/20111209/KT111208ATI090004000.html
試運転を始めたガスタービン発電機などがある中部電力上越火力発電所の本館建屋=新潟県上越市
 中部電力(名古屋市)が新潟県上越市に建設している上越火力発電所で8日、ガスタービン発電機1基の運転が始まり、初めて長野県内への電力供給がスタートした。まだ試運転のため、この日は約5・7万キロワット時を発電し、同発電所の建設工事などに使用した残りを県内へ送電した。当面、こうした運用を続ける。




>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 03:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

国際協力銀、パプアニューギニアのLNGプロジェクトに資源金融供与

国際協力銀行(JBIC、経営責任者:渡辺 博史)*1は、本日、JX日鉱日石開発株式会社(以下「JX開発」)の豪州子会社Nippon Oil Exploration (PNG) Pty Ltd (略称:NOEX PNG)との間で263百万米ドル(JBIC分)の貸付契約を締結しました。本融資は、株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほコーポレート銀行及び株式会社三井住友銀行との協調融資によるもので、JBICの「円高対応緊急ファシリティ」*2の下での資源・エネルギーの確保・開発の促進に係る案件となります

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 02:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

LNG輸入量 大幅増

2011年12月14日
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001112140004
 新潟東港を通じて輸入される液化天然ガス(LNG)の量が大幅に伸びている。東北電力が、東日本大震災で被災した太平洋側の火力発電所の分を補うため、東新潟火力発電所(聖籠町)などの稼働率を上げたからだ。運転再開のめどがなかなか立たない原子力発電所が多いこともあって、当面、各電力会社がLNGに頼る傾向は続きそうだ。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

豊田通商、豪州LNGで長期契約

2011.12.13 17:38
 豊田通商は13日、英資源開発会社、BGグループなどが推進する共同事業体「クイーンズランドカーティスLNG(液化天然ガス)プロジェクト(QCLNG)」などと「コール・ベッド・メタン(CBM)」と呼ばれる非在来型天然ガスの長期販売契約を結んだと発表した。契約期間は2014年から20年間で、販売量・金額などは公表していない。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 01:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今年最大規模のプロジェクト融資に邦銀参画-カタールのガス開発

  12月13日(ブルームバーグ):カタールのバルザン・ガス開発プロジェクト運営会社に出資するカタール国営石油会社は13日、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などが参画する融資団と同事業に対する約72億ドル(約5600億円)のプロジェクトファイナンス契約を結んだと発表した。同プロジェクト融資は今年最大規模になるという。
  同計画では、日揮が同社最大規模となる天然ガス処理施設の建設工事を受注しており、邦銀は国内企業のインフラ輸出を金融面から支援する。
  日本からは、国際協力銀行が6億ドルを融資する。日本貿易保険によると、ほかに日揮のプラント機器輸出に対する貿易代金貸付保険の枠組みで、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行、オーストラリア・ニュージーランド銀行東京支店、香港上海銀行東京支店が総額6億ドルを融資する。
  日揮が1月に発表した資料によると、同プロジェクトはカタール沖ノースフィールドガス田から産出される天然ガスを処理し、同国内の発電用燃料や石油精製、ガス化学の原料生産を計画。運営会社にカタール国営石油会社が7割、エクソンモービルが3割を出資する。
  カタール国営石油会社の発表によると、プロジェクト総額104億ドルのうち7割を借り入れで賄う。このうち、民間銀行から33億4000万ドル、イスラム金融で8億5000万ドル、複数の輸出信用機関(ECA)から25億5000万ドルを調達する。

【天然ガスGGJ】


| 天然ガスニュース | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カスピ海のイラン領海で広大な天然ガス田が発見

「イラン北部領海でのガス田発見により同国の地位が変化」
イランのアフマディネジャード大統領が、「カスピ海のイラン領海で広大な天然ガス田が発見されたことにより、カスピ海地域、特に政治面での関係やエネルギーに関する見解が変化するだろう」と語りました。

【天然ガスGGJ】


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

関西電力・東京ガスなど5社、オーストラリアのLNGプロジェクトと売買契約締結

2011年12月12日
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20111212/110267/
 東京電力、関西電力、九州電力と東京ガス、大阪ガスの企業連合は、オーストラリア北西部沖で国際石油開発帝石が中心に開発を進める「イクシスLNG(液化天然ガス)プロジェクト」と、LNG購入に関する売買契約を結んだ。期間は2017年から15年間となり、電力、ガス各社は、環境負荷が少ない燃料のLNGを、長期間、安定して確保できる。

【天然ガスGGJ】


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大ガス、電力事業拡大 20年度めど100万キロ・ワット

 大阪ガスは12日、原子力発電所1基分にあたる100万キロ・ワット程度発電能力を増強し、2020年度をめどに同社の国内の電力事業の規模を280万キロ・ワット程度に拡大する方針を明らかにした。東京電力福島第一原発事故をきっかけに、政府が原発の依存度を下げる方向でエネルギー基本計画の見直しを進めており、新たな電源が求められることから発電事業を拡大する。
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20111212-OYO1T00624.htm?from=main1

【天然ガスGGJ】


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

<EMeye>中国石油大手シノペック、豪天然ガス会社へ出資増

2011/12/12 18:50
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=596225
 中国石油大手シノペックがオーストラリア太平洋液化天然ガス(APLNG)への出資比率を従来の15%から25%に増やし、15年から20年間のLNG年間取引量を760万トンとすることで合意した。APLNGは原油・天然ガスを手掛ける豪オリジン・エナジーと石油エネルギー大手の米コノコフィリップスのジョイントベンチャーで、今回両社の出資比率はそれぞれ従来の42.5%から37.5%に低下する。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

第6部 帝国再興の野望(2) 「欧州最後の独裁者」降伏

2011.12.9 23:00 (1/2ページ)[欧州]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/111209/erp11120923010012-n1.htm
 “皇帝”が独裁者の屈服を宣言した瞬間だった。11月25日、モスクワ近郊の公用別荘。ロシアのプーチン首相(59)はベラルーシに対し、天然ガスを来年から「統合割引価格」で供与すると表明した。

 ロシア産ガス1千立方メートル当たりの欧州への平均価格は400ドルだが、ベラルーシへの価格は約165ドル。その見返りに、同国経由で欧州に至るガスパイプラインをロシアが買収することで合意した。

【天然ガスGGJ】


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

天然ガス、2025年までに石炭を逆転 エクソン予測‎

日本経済新聞 - 2011年12月9日
新型の「シェールガス」が注目されている天然ガスの需要は25年までに石炭を逆転し、石油に次ぐ第2位のエネルギー源になると予想している。 人口の増加と経済成長の持続を背景に、40年の世界全体のエネルギー需要は10年に比べ32%伸びる見通し。

天然ガスGGJ】



| 天然ガスニュース | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2025年までに天然ガスが米国の主要燃料に=エクソン予測

 天然ガスは2025年までに、米国で石炭に代わる主要発電燃料となり、その資源の豊富さとクリ-ンエネルギー発電の推進により、世界で第2位の燃料資源になる可能性がある。米石油大手エクソンモービルの最新の長期予測で明らかになった。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

和歌山火力発電所:関電に早期着工を働きかけへ--知事意向 /和歌山

 関西電力が着工準備中としている液化天然ガス(LNG)を燃料とする和歌山火力発電所(和歌山市湊)について、仁坂吉伸知事は8日の県議会で、「電力の安定供給には欠かせない施設になると大いに期待している」と述べ、関電に速やかに着工するよう強く働きかける意向を示した。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

中国石油天然気、四川省でシェールガス発見

 中国石油天然気(ペトロチャイナ)が四川省でシェールガス田を発見したことを公表した。事実とすれば大量のエネルギーを必要とする中国の地下に莫大(ばくだい)な量の新型燃料資源が眠っていることになる。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819584E2EAE2E2E38DE2EAE3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

【天然ガスGGJ】【シェールガス革命GGJJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 07:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

、従来、独立して稼動させていた排ガス燃焼装置と天然ガス・コージェネレーション設備を1つに統合

富士フイルム、オフセット印刷用刷版材料「CTP版」の新生産ラインを来月稼動
オフセット印刷用刷版材料「CTP版」の新生産ラインを稼動
世界的に拡大する需要と高まる環境対応型製品のニーズに対応!
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=298709&lindID=4

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ワイオミングの水汚染原因はガス生産か=米EPA

 【ワシントン8日ロイター時事】米環境保護局(EPA)は8日、ワイオミング州で地下水が汚染されたのは天然ガス生産で使われるフラッキング(水圧破砕)法が原因である公算が大きいとの見解を示した。フラッキングで使われる化学物質と飲料水汚染の関連をEPAが指摘するのは1987年以来初めて。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

[FT]中国石油天然気、四川省でシェールガス発見

(2011年12月8日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819584E2EAE2E2E38DE2EAE3E0E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E2
 中国石油天然気(ペトロチャイナ)が四川省でシェールガス田を発見したことを公表した。事実とすれば大量のエネルギーを必要とする中国の地下に莫大(ばくだい)な量の新型燃料資源が眠っていることになる。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

橋下氏、新型火力発電に意欲

 大阪市長に就任する「大阪維新の会」の橋下徹代表は7日、同市湾岸部にある人工島「夢洲」や和歌山県内を候補地として、天然ガス9 件を利用した新型の火力発電所の新設へ向け準備を進めるよう市の担当部局に指示したことを明らかにした。大阪市内で記者団に述べた。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

国際帝石、豪の大規模ガス田開発プロのLNG7割を日本向けに

掲載日 2011年12月07日
 国際石油開発帝石は6日、豪州沖で開発推進中の大規模ガス田開発「イクシスプロジェクト」について、東京電力、東京ガス、関西電力、大阪ガス、九州電力の5社コンソーシアムに液化天然ガス(LNG)を販売する契約を結んだと発表した。プロジェクトの年産予定840万トンの全量の販売先が確定し、生産する7割のLNGが日本向けとなる。
 販売は2017年からの15年間の長期契約で、合計で年間400万トン。内訳は東電と東ガスに年間105万トンずつ、関電と大ガスに同80万トンずつ、九電に同30万トン販売する。
 板野和彦国際石油開発帝石常務執行役員はプロジェクトの最終投資決定の時期について「年を越える可能性もある」と語った。同日、プロジェクトの権益1・2%を大ガスに譲渡したと発表した。
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820111207caal.html

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

国際石油開発帝石、液化天然ガス(LNG)を東京電力など5社に合計年400万トン販売する契約

国際石油開発帝石(1605)のその後
http://www.stockstation.jp/stocknews/sc3/index.php?no=23735
国際石油開発帝石(1605)に関し、9時14分に、以下のように流しました。
国際石油開発帝石が3日続伸と堅調推移となっている。

6日、オーストラリア北西部沖で開発を進める大型ガス田「イクシス」で生産・出荷する液化天然ガス(LNG)を東京電力など5社に合計年400万トン販売する契約を結んだと発表した。すでに合意している中部電力など3社も含め、2017年出荷予定の年840万トンすべての割当先がこれで決定した。日本企業主導の「日の丸ガス田」の開発が大きく前進するという。

また、原油先物価格が再び100ドルを回復するなど、上昇基調にあることも追い風になっている。

【天然ガスGGJ】



| 天然ガスニュース | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

住友金属、大深度油井用の高強度高耐食油井管「スーパー17Cr鋼管」を開発

大深度油井用の高強度高耐食油井管「スーパー17Cr鋼管」開発について
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=298616&lindID=4
 住友金属工業株式会社は、マルテンサイト系ステンレス油井管(*1)で世界最高レベルの耐食性と高強度を両立する油井管「SM17CRS-125」(以下 スーパー17Cr鋼)を開発しました。今後増加する大深度の油井開発に使用し、世界のエネルギー安定供給に貢献します。

【天然ガスGGJ】


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

三菱重工、ガスタービン工場の挑戦

「技術世界一」の厳しい戦い
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20111130/224692/?P=2&ST=nbmag
日経ビジネス編集部 阿部 貴浩  【プロフィール】 バックナンバー2011年12月6日(火)1/2ページ
シェア
 11月22日、三菱重工業の高砂製作所(兵庫県高砂市)は、快晴に恵まれていた。建屋の1つに入ると、ヘルメットにゴーグルを着けた技能訓練生が、様々な作業に取り組んでいる。来訪者に気づくと、口々に「ご安全に」と言葉をかけてくれた。これは三菱重工の工場で広く使われている挨拶の言葉だ。

【GTCCGGJ】


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

シェールガスが世界的な探鉱・採掘ラッシュ、米オバマ政権も脱CO2の切り札視

2011/12/06 15:31
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=591385
 二酸化炭素排出抑制の切り札とされていた原子力発電に、世界的な見直し機運が強まるなか、シェールガスと呼ばれる一種の天然ガスが脚光を浴びている。シェールガスは、従来のガス田と違って頁岩(けつがん)層から採取することから、非在来型天然ガスと呼ばれる。技術革新が進んで採掘が容易になってきたことから、日本企業も総合商社が相次ぎ参入している。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

国内最大級のガス田ってどんなところ? さあ潜入だあ。

【トキべい飛んでって!】天然ガス
2011年12月05日
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000001112050009
 今年3月の原発事故から、原子力に代わるエネルギーって何だろうと考えるようになりました。そこで、いま期待の高まる「天然ガス」に注目。国内最大級のガス田ってどんなところ? さあ潜入だあ。

【天然ガスGGJ】


>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カタールとシェル、石化プラント建設で合意

日本経済新聞 www.nikkei.com
【ドバイ=太田順尚】カタールと英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは4日、カタール北部ラスラファン工業地区に石油化学プラントを建設することで合意した。総事業費は64億ドル(約5000億円)と見込んでいる。カタールの豊富な天然ガスを原料に、価格競争力の高い石化製品を生産する。 カタールのアルサダ・エネルギー相とシェルのピーター・ボーサー最高経営責任者(CEO)がカタールの首都ドーハで調印した。事業会社には国営カタール石油が8割、シェルが2割出資する。2017年の稼働を目指しており、不凍剤に使われるグリコールなど

【天然ガスGGJ】



| 天然ガスニュース | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

米NY州でフラッキング規則めぐり公聴会

 【ニューヨーク30日ロイター時事】米ニューヨーク州でのフラッキング法による頁岩層ガス(シェールガス)採取禁止を撤廃するかどうかをめぐる4回目(最終)の公聴会が30日、ニューヨーク市で開かれ、これまでと同様に、これに反対する多くの人が集まった。
 フラッキングは、頁岩層に化学品と砂を混ぜた水を高圧で噴射して天然ガスを採取するもので、周辺の飲料水を汚染する恐れがあるといわれている。ニューヨーク州ではフラッキングによる採掘が一時禁止されたが、州の環境保護局(DEC)の新規則が認められれば、マーセラス・シェール鉱区の同州部分で生産ができるようになる。同鉱区はニューヨーク州の他、ウェストバージニア、ペンシルベニア、オハイオの各州にまたがっている。

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| 天然ガスニュース | 07:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。