天然ガス

GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)で脱原発

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ネットワークで作る放射能汚染地図 ~福島原発事故から2ヶ月~

http://vimeo.com/24184476

ETV特集
ネットワークで作る放射能汚染地図 ~福島原発事故から2ヶ月~
2011.05.15

※再放送 5月28日(土)教育 午後3時 

togetter(ツイートのまとめ)
togetter.com/li/136141

veoh test.veoh.com/watch/v20982554AEAKc4JS
(要・veohアカウント)

参考
francesco-clara.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/2011515-3d93.html

----------------------------
福島原発事故は、周辺地域に未曾有(みぞう)の放射能災害を
引き起こした。時間経過とともに拡大する避難エリア。
住民たちが自分たちの村や町に、いつになったら帰れるのか、
その展望は全く見えない。
いま住民たちが求めているのは、被曝(ひばく)による人体影響と、
今後の土壌汚染への対策を、客観的かつ冷静に考えてゆくための
基礎となるデータ・放射能汚染地図である。

ETV特集では1954年のビキニ事件以来、放射線観測の第一線に
立ち続けてきた元理化学研究所の岡野眞治博士の全面的な協力のもと、
元独立行政法人労働安全衛生総合研究所の研究官・木村真三博士、
京都大学、広島大学、長崎大学の放射線観測、放射線医学を専門とする
科学者達のネットワークと連係し、震災の3日後から放射能の測定を始め
汚染地図を作成してきた。
観測チームは、周辺地域の土壌、植物、空気中の粒子を採取し
放射線量を計測する一方、岡野博士が開発した計測機を自動車に搭載して、
福島県内の道路2000キロを走破した。この計測器はビデオで撮った
現場映像とともにGPS情報、放射線量、放射性核種のスペクトルを、
同時記録してゆくことができる世界唯一の機器であり、
チェルノブイリ事故での計測により国際的な評価を得ている。

一方、文部科学省や福島県、IAEA、アメリカエネルギー省も、
独自に汚染の計測を進めており、その結果が公表され始めている。
これらのデータと、独自収集データをつきあわせることで、
原発周辺地域のきめ細かい土壌汚染のマッピングが可能になる。

番組は、放射能汚染地図を作成してゆくプロセスを追いながら、
原発災害から避難する人々、故郷に残る人々、それぞれの混乱と
苦悩をみつめた2か月の記録である
---------------------------------------------------
(公式サイト bit.ly/lJ2jlR より転載)

続編はこちら
vimeo.com/24752588

【被曝EE】        【放射能汚染EEF】    【食品汚染EEFA】【動画MMM】 





スポンサーサイト

| テレビ | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

電力は足りている。決定版2

菅政権が、「電気は足りる」という試算を発表できなかった裏事情(動画)
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65788764.html


【エネルギー問題GG】
【電力不足詐欺GGH】
【電気料金KKA】   


| テレビ | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

広瀬隆

広瀬隆講演会(後半64分)「放射能汚染の恐怖」 2011年9月26日 (那覇)

1
http://www.youtube.com/watch?v=MYD1e3BoHcI

2
http://www.youtube.com/watch?v=GOqlYCGKWPw



*****


広瀬隆氏の週刊朝日UST劇場スペシャル
福島原発事故 「収束宣言」大嘘の皮を剥ぐ 2011年12月23日

http://www.wa-dan.com/hirose/
【動画MMM】 



| テレビ | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

追跡!真相ファイル(NHK12/28)低線量被ばく_揺らぐ国際基準




【被曝EE】        


>> 続きを読む

| テレビ | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【被曝】ネットワークでつくる放射能汚染地図 【動画MMM】【被曝EE】  

ネットワークでつくる放射能汚染地図
~福島原発事故から2か月~
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html

福島原発事故は、周辺地域に未曾有(みぞう)の放射能災害を引き起こした。時間経過とともに拡大する避難エリア。住民たちが自分たちの村や町に、いつになったら帰れるのか、その展望は全く見えない。いま住民たちが求めているのは、被曝(ひばく)による人体影響と、今後の土壌汚染への対策を、客観的かつ冷静に考えてゆくための基礎となるデータ・放射能汚染地図である。

ETV特集では1954年のビキニ事件以来、放射線観測の第一線に立ち続けてきた元理化学研究所の岡野眞治博士の全面的な協力のもと、元独立行政法人労働安全衛生総合研究所の研究官・木村真三博士、京都大学、広島大学、長崎大学の放射線観測、放射線医学を専門とする科学者達のネットワークと連係し、震災の3日後から放射能の測定を始め汚染地図を作成してきた。観測チームは、周辺地域の土壌、植物、空気中の粒子を採取し放射線量を計測する一方、岡野博士が開発した計測機を自動車に搭載して、福島県内の道路2000キロを走破した。この計測器はビデオで撮った現場映像とともにGPS情報、放射線量、放射性核種のスペクトルを、同時記録してゆくことができる世界唯一の機器であり、チェルノブイリ事故での計測により国際的な評価を得ている。

一方、文部科学省や福島県、IAEA、アメリカエネルギー省も、独自に汚染の計測を進めており、その結果が公表され始めている。これらのデータと、独自収集データをつきあわせることで、原発周辺地域のきめ細かい土壌汚染のマッピングが可能になる。

番組は、放射能汚染地図を作成してゆくプロセスを追いながら、原発災害から避難する人々、故郷に残る人々、それぞれの混乱と苦悩をみつめた2か月の記録である。




 89分





| テレビ | 06:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

氷の海から巨大資源が現れた

2008年5月26日(月) 午後10時~10時49分
総合テレビ

温暖化による海氷面積の縮小により、北極圏に眠る石油・天然ガスを採掘する資源開発競争が始まった。その開発は新たな二酸化炭素の排出を招き、負の連鎖を引き起こす。北極圏開発の光と陰を描く。

<詳細>
地球温暖化による海氷面積の縮小は、エネルギーを求める人類の欲望に火をつけた。北極海の海底に眠る莫大な量の地下資源を巡って激しい開発競争が始まったのだ。世界第3位の原油輸出大国・ノルウェーは北極海初となる本格的な海底ガス田の開発に成功した。最先端の技術で海底下2300メートル の天然ガスを生産し、世界に向け出荷している。氷の下の資源は巨額の富を生みだし、極北の小さな街は空前の好景気に沸く。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080526.html

【天然ガスGGJ】



>> 続きを読む

| テレビ | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。